葛の花イソフラボンの体脂肪減らす効果がスゴイ!

1.葛の花イソフラボンの体脂肪減らす効果がスゴイ

1.1.葛の花イソフラボンに肥満解消の効果を確認

葛の花エキス、特に葛の花に含まれるイソフラボンに肥満解消に繋がる作用があると、2006年、2007年に発表があったそうです。
====



参考
2016-03-03 東洋新薬 日本初「ウエストサイズやお腹の脂肪が気になる方」向けの特保許可取得 ―『葛の花エキス"!』を関与成分とした粉末飲料の特保 ―
https://www.toyoshinyaku.co.jp/1551/

2007-11-19 東洋新薬「葛の花エキス」のヒト試験による抗肥満作用を確認
https://www.toyoshinyaku.co.jp/6/



発端は、メタボリックシンドロームの予防を目的に、内臓脂肪を減らす方法は無いかと、お茶の水女子大学生活環境センターで東洋新薬と共同で葛の花エキスの研究が進められてたようです。

メタボは、肥満になった~と軽く見てると痛い目をみます。

メタボ判定は厳密には、腰周りと、血糖値、血圧、血中脂質のどれか2つ以上に当てはまる人になります。

判定項目から類推できるように、メタボ認定されたイコール、心筋梗塞、動脈硬化といった極めて命を落とすリスクの高い病気になりやすい、ということになります。

なので、人間ドッグで必ずメタボ診断をするワケですね。

で、メタボリックシンドロームの根本原因は、内臓脂肪だと考えられています。

話を戻して、これまで実施されてきた臨床試験では、葛の花イソフラボンに体脂肪を低下させる効果があると結果が出たそうです。

試験としては、葛の花エキスを4ヶ月の長期にわたって被験者に継続して摂取させたとのこと。

そうして、お腹回りの脂肪の減り具合を計測していくという内容でした。

脂肪の体積などをCTスキャンを使ってチェックすると、実験開始から終了までの4ヵ月間で、お腹回りの脂肪量は減少が目に見えて分かる程だったそうです!

葛の花エキスですが、含まれる成分の中でも特にイソフラボンとサポニンに脂肪減少の効果があると、近年の別の研究で明らかになってると聞きます。


2.葛の花イソフラボンのサプリメント

葛の花エキスに体脂肪を減らす効果を期待できると、臨床試験で結果が確認されました。

それ以降、葛の花エキス、特にイソフラボンとサポニンを使ったサプリメントが沢山見かけるようになりました。

とりわけ、機能性表示食品の表示がある葛の花サプリは、国の認定があり安心感、信頼性があるということで、TVショッピングなどでも大人気のようです。


2.1.サプリメントは医薬品ではない。食品である。

サプリメントという片仮名がいけないのでしょうか。

サプリメントを医薬品と勘違いしてるケースが、まだまだ多いそうです。

健康ブームの波もあり、沢山の種類のサプリメントが市場に溢れてるのは、ニュースなどでご存知かと思います。

特に、葛の花サプリメントを筆頭に、肥満解消の効果が表記されてるサプリメントは凄い人気です。

でも、サプリメントは薬ではありません。

だから、摂って直ぐに肥満解消の効果が出るといったことは皆無です。



葛の花イソフラボンの体脂肪減らす効果のスピードとしては、漢方薬をイメージすると良いかも知れません。

漢方薬は長期間飲み続けることで、身体の機能を改善していきますよね。

緩やかに肥満しにくい身体にしていくのが、葛の花サプリです。

サプリメントに即効性を求めるのは、ナンセンスだと思われます。


2.2.ダイエットサプリを飲んでも太る人はこんな人

ダイエットサプリを飲んでも、痩せなかった、逆に太ったという事例について、1番の要因がサプリメント効果の過信なんだそうです。

サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。

即効性が無いということは、効果の力が緩やかということです。


体脂肪減らす効果の力が緩やかなので、肥満の原因である運動不足、暴飲暴食を改めなければ、これらの太る力に、サプリだけでは対抗できないとのこと。

ダイエットサプリを飲んでも効果がなかったというのは、ある意味当然の結果のように思えます。


葛の花のサプリメントを飲んでるから大丈夫!と思いたいですが、それは間違いということでしょうか。

サプリメントの効果の範囲内であれば、大丈夫なような気がします。

ですが、葛の花サプリメントに頼りっきりで運動しない、高カロリー食品は増え続けるでは、サプリメントもカバーし切れないのは自明ですよね。

葛の花イソフラボンの体脂肪減らす効果の過信には、よくよく過信しないほうが良さそうです。


2.3.体脂肪減らす効果が高いサプリを選びたい!!

お腹だけが太っていて、太もも、二の腕は痩せてるのにー!という事例は、意外と多いようですね。

その事例に多いのは、お腹周りに内臓脂肪が溜まってる場合。

いわゆる、メタボと診断された40歳以降の、中高年によく見られる太り方です。


世の中のダイエット効果を表記するサプリメントには、実に色々な種類があります。

例えば、脂肪燃焼を助けるタイプ、脂肪を付きにくくするタイプ。

便通を助けるタイプ、などなど、たーくさん販売されてます。


葛の花イソフラボンのサプリメントは、それらの中で、内臓脂肪、中性脂肪の生成、蓄積の抑制を助けるタイプだそうです。

葛の花サプリで肥満を解決したいと願うなら、葛の花イソフラボンの含有量は勿論のこと。

内臓脂肪、中性脂肪に効き目のある他の成分の効能も高い製品を選ぶのが大事かなと個人的には思います。


2.4.葛の花イソフラボンの効果を最大限に発揮させたいなら

葛の花サプリメントの肥満防止の効果を最大限に発揮させたいのなら、運動量、食生活の見直しは必須と言われてます。

運動と食生活と葛の花サプリ。

この3つのファクターの相乗させて効果を得る、という考え方がポイントなんだそう。

とは言え、毎日1時間以上走れー!とか、甘いものは一切禁止ー!といった事ではないです。

駅までのバスを自転車に変えるとか、休日は近所を散歩してみるといったレベルです。


食べ物も、野菜を少しは食べてみるとか、飲み物はすべてノンカロリーにするといったレベルです。

こういった事を心がけてやると、葛の花のイソフラボンとの相乗効果によって、内臓脂肪、中性脂肪を効率的に減らしていけるんだそう。



サプリメントの語源は、「補足」「追加」だそうです。

大切なのは、サプリメントは飽くまで補助とすること。

これらを心がけて、肥満解消に励むのが大切なんですね。

私も気をつけたいと思います。


2.5.葛の花イソフラボン以外の成分にも着目

葛の花サプリメントの有効成分として、メインの葛の花イソフラボンに対する、サブの有効成分も気になりますよね。

サプリの成分を葛の花イソフラボンだけにしない理由って何かなと思って調べてみました。

ダイエット期間は、兎角も栄養不足になりがちです。

それをカバーするために、例えば、女性向けにはダイエット中の肌の不調に効く美肌成分を加えたり、ダイエット中の便通を良くする青汁成分を加えたり、といった製品があります。

葛の花イソフラボンと、その他成分の組み合わせに何があるのか、ネットで調べてみました。
例1:葛の花イソフラボン+黒酢
→ダイエット中に不足がちのアミノ酸をプラス
例2:葛の花イソフラボン+黄金生姜
→脂肪燃焼に効くといわれてる生姜で更に脂肪減少を図る
例3:葛の花イソフラボン+ビタミン・ナイアシン
→1日に必要なビタミン類を加え、美肌をプラス


せっかく、肥満解消に成功しても、それ以外が不健康だと全然イミが無いと思うので、こういったところも注意が必要となんですね。


2.7.値段でサプリを選ぶと痛い目に・・・!

サプリメントや健康食品を買おうとするとき、消費者は価格の安さに注目しがちです。

それは、購入したサプリに効き目が無かった時、損を出来るだけ小さくしたいという心理が働くからだそうです。

私は実際そうでした(汗

あと、多いのが、葛の花サプリメントも、効果が表れるまでは何ヶ月も必要と、販売メーカーのサイトでも説明されてますよね。

他のダイエットサプリと同様のようです。

長期戦になるので、1ヶ月の費用は可能なら抑えたい!というのが人情というものかと思います。

でも、サプリメントに限らずですが、基準以下の値段が貼られてる商品は、だいたい、安かろう悪かろうではないですか?



安いからには必ず理由があります。

製品が棚に並ぶまで、どこかの費用を安く済ませれたから、その分を値段に反映できるワケです。

安く済ませれたのが運搬費用など、サプリメントの品質に無関係なところなら良いです。

けれど、原材料を国産から中国産に変えたとか、葛の花のイソフラボンは高いから他のイソフラボンを混ぜたとか。

そのような、サプリメントの品質、飲んだ人の健康に影響のある部分でコストカットしてるとなると、酷い話ですよね。


この様な事例は、ニュースで度々報道されてますし、これを読んでる人の中にも、実際に被害に遭った方が居るのではないでしょうか。

他のサプリと比べて、100円、200円の安さは心配無用な気もします。

でも。極端に値段の安い葛の花サプリメントは、疑ったほうが良いと個人的に思います。


google等でネットを検索して「激安」「格安」と書いてあるものは、候補から外した方が安全かと思われます。

悪質なケースだと、ダイエット成分が表記されていても成分が粗悪で効き目が殆どない、詐欺のような事例も起きてる様です。

なので、葛の花のイソフラボンが含まれてる!しかも格安!という表記に踊らされずに、冷静に評価をしてから、購入するようにすると、失敗も少ないのかなと思ってます。


2.8.機能性表示内容をチェック!

葛の花のサプリメントは、機能性表示食品だけを購入の候補にして下さい。

機能性表示食品というのは、サプリが含有する成分の効果を製品パッケージに表記して良いと、国が許可した食品のことです。

これが、信頼できるサプリかどうかの1つの線引きとなります。

大事なので覚えておくと良いかと思います。



国から機能性表示食品と認められたサプリメントは、そのサプリに関するデータを消費者に公開しなければなりません。

そのデータは、成分1つ1つに関する名称、含有量、効能だったりします。

肥満解消の効果があると表記されてるのなら、どの成分にどんな肥満解消の効果があって、それは、どのような科学的根拠を以て証明されたのか。

どの位の量を摂取すれば、有効な結果を得られるのか。といった具合です。



私たち消費者は、消費者庁のホームページや、サプリメントの販売事業者のホームページで、何時でも好きな時に閲覧することが可能だそうです。

なので、葛の花サプリメントを購入するときは、先ず、機能性表示食品か否かでふるいに掛けて、

次に、開示内容でふるいに掛けるといったことが、大切かと思います。


2.9.お客様相談窓口に質問しよう!

葛の花イソフラボンのサプリメントを購入するにあたって、「販売サイトに開示されてる情報ではよく分からない」といったケースもありますよね。

そんなときは、販売サイトの一番下の方にお客様窓口が用意されてるので、遠慮なく使ってみると良いかと思います。

成分に関する事、支払いの事、定期購入なら解約の事など。

1人でウンウン悩んでても解決しないし時間も勿体ないので、せっかく無料で相談を受けてくれるなら、相談した方が得です。

葛の花サプリを使えば本当に痩せますか?とか、どういった飲み方が一番効果的ですか?にもちゃんと応対してくれるようです。

私も一度相談してみましたが、邪見にされることなく丁寧な対応でしたよ~!

「原料は国産のようですが、具体的に何地方のものですか?」といった具合に聞いてみたら、産地名まで詳しく教えてくれました!


3.葛の花サプリメントは、機能性表示食品の商品を選ぼう

3.1.機能性表示食品は国が認めた制度

葛の花イソフラボンが含まれたサプリメントを購入するときは、パッケージに機能性表示食品と書かれた
サプリメントを選ぶと安心できますよ~。

それは、サプリメントのメーカーによって、そのサプリの機能を科学的根拠に基づいた内容で国に説明してあることの証明になるからです。

サプリメント、健康食品の効果の度合いを計測する基準というものが、日本には現在のところ存在しないそうです。

健康食品もサプリメントも、法的には食品に分類されます。

特にサプリメントについては、薬と同じ位置づけと勘違いしてる人はまだまだ多くいます。

しかし、健康食品もサプリメントも、医薬品以外は全て食品に分類されるのです。
そして、明確に効能が見られる商品も、詐欺まがいの商品も、同じ食品に分類されてしまうのです。



そんな状況において、我々消費者は何を見て安心、安全を判断し、このサプリメントは信頼できるとして良いのか。

その時に、機能性表示食品か否かが役に立つと私は思ってます。

サプリメントや健康食品は、法律上は保険機能食品と言われていて、これらは3つに分類されています。

1.特定保健用食品
国の審査に合格した商品だけに表示が許可されているもの
2.機能性表示食品
国に、商品の健康に対する効能を科学的根拠に基づいて説明した内容を提出し、その商品に機能内容を表示できる。
3.一般食品
特定保険用食品でも、機能性表示食品でもないもの



基本的に、サプリメントは機能性表示食品か、一般食品のどちらかになります。

一般食品に分類されるサプリメントは、その商品ホームページなどで謳われている効果について公的には承認されていません。

対して、機能性表示食品は、効果に対する科学的根拠を消費者丁に提出しており、公的に効果が承認されています。

葛の花のイソフラボンを使ったサプリメントにも、国に効果が認められていないサプリメントの一般食品と、国に一定の効果を認められたサプリメントである機能性表示食品の、2種類が存在するというワケです。



葛の花イソフラボンのサプリにおいて、機能性表示食品と、一般食品とで値段に差はほとんど無いようです。

葛の花サプリメントの購入を検討しているのなら、科学的な裏付けが、誰でも見れるように公開されている、機能性表示食品を選択することをオススメします。


3.2.保険機能食品の分類を詳しく見てみる

1.一般食品
消費者庁による審査を受けていない、或いは製品の機能を裏付けるデータを届出でない。

こういったサプリメント、健康食品は一般食品として分類されています。

製品の効能を裏付けるための科学的なデータを公表してないわけですから、特定保健用食品や機能性表示食品と比べると、安心、安全面で劣っていると世間では受け取られるようです。

確かに、価格も効果も似たようなサプリメントなら、特定保険機能食品か、機能性表示食品を選ぶほうが安心、安全ですしね。


2.機能性表示食品
その製品に対する安全性、機能性の化学的根拠を示すための資料やデータが、消費者庁長官へ提出されたものに限ります。

そして、製品パッケージに機能性を表示するに当たっては、メーカー、事業者の責任においてと消費者庁の説明にあります。

機能性表示食品の良いところは、サプリメント、健康食品の効果、効能が消費者に分かるという点でしょう。

機能性表示食品の場合、次の事が義務付けられてます。



1)消費者庁に提出した、製品の効果・効能を科学的根拠を以て示した情報を開示すること

2)製品パッケージに「機能性表示食品」と表示させること



この2点によって、私たち消費者は、葛の花イソフラボンのサプリメントが持つ効果を証明する、或いは根拠となる情報を確認することが可能になるわけです。

これらの情報は、消費者庁のホームページに公開されていて、誰でも、何時でも、閲覧することができます。


3.特定保険用食品
皆さんご存知の「トクホ」というやつですね。

特定保健用食品の人が万歳した様なマークを、一度は目にされたことがあるかと思います。

トクホを獲得した葛の花サプリメントは、現在のところ未だ存在しません。

特定保険用食品の良いところは、何といっても国の審査に合格したという点です。
国から製品の効能、安全について認められており、これ以上ない信頼度です。



ちなみに、特定保健用食品は、国の消費者庁と食品安全委員会で審査を行います。
国の2つの機関を使って審査されてるからこそ、この信頼度なんですね。


3.3.葛の花イソフラボンのサプリメントはここをチェック!

3.3.1葛の花イソフラボンの効果は発揮されているか?!
大前提として、機能性表示食品である葛の花サプリを選びます。

機能性表示食品でないと効果を表記できないからです。

機能性表示食品として国に承認を受けるとき、その葛の花サプリの効能を科学的根拠で証明したデータを国に提示してあります。

それらのデータは、消費者庁のホームページと製品メーカーの販売サイトで公開されています。

その公開データから、この葛の花サプリを飲用すると、何週間で、体重がどれくらい減ったか、脂肪はどれほど落ちたか、といった項目を必ずチェックしようと言われてます。

その時、気になる葛の花サプリメントを3種類ぐらい選んで、各々の公開データを比較してみて下さいね。

それによって、どの葛の花イソフラボンのサプリの効果が高そうか、判別がつくかと思います。


3.3.2.サプリの栄養成分、含有量、原材料をチェック
葛の花のサプリメントを購入するときは、先ずは、栄養成分をチェックすると良いですよ。

ちゃんと葛の花から抽出されたイソフラボンが使われているか。

製品の販売ページに記載がなければ、お客様相談窓口に電話して聞いてみるのも1つの手かと思います。

葛の花のイソフラボンには体脂肪減らす効果、つまり内臓脂肪を溜まりにくくしたり、減らしたりする効果が期待されてる注目の成分です。

これを目的に購入するわけですから、葛の花以外のイソフラボンが使われてる製品は、私は購入対象から外してます。

あと、体脂肪減らす効果だけでなく、生活習慣病の予防も、葛の花は期待されています。

葛の花サプリメントは色んな商品がありますが、葛の花イソフラボン以外の健康に良いとされる成分が含まれてる商品も少なくないです。


これは、葛の花イソフラボン、サポニンの効果を高めるためだったり、肥満防止以外の効果も合わせて持たせるためだと説明されてます。

なので、葛の花のサプリメントを買うときは、どんな成分が含まれていて、各成分が何%ずつ含まれてるのかを必ずチェックすると良いですよ。

時々、葛の花イソフラボンのサプリメントと言いつつ、葛の花イソフラボン以外の成分の含有量が多いという粗悪な製品もあるようです。

もちろん、それぞれの成分の効能は何なのか。それは自分、或いは家族に必要なのか。

ちゃんと見極めないと、損することになるので注意です。



葛の花のイソフラボンは大注目の成分と聞きます。

なので、関連した健康食品が次々に登場してきてるそうです。

間違った買い物をしないように、目的を満たす、葛の花サプリメントを選びたいですね。


3.3.3.葛の花サプリの値段と購入コースをチェック
葛の花のイソフラボン、サポニンが使われたサプリメント。

TV販売で紹介されると飛ぶように売れるそうですが、値段だけを見て購入コース内容を確認してない、そんな申込みケースが多いそうです。

よくあるのが、定期購入と気づかずに購入して、買った後に注文取消しの連絡がくるケースだそう。

1回限りの購入と思っていたのが、翌月にまた葛の花サプリが送られてきて。。

そして、メーカーに確認すると、定期購入のご契約ですと言われるケースですね。


葛の花サプリメントの値段を下げる代わりに、3ヶ月は継続購入が必要といった様に、直ぐに解約できないケースは多いそう。

お金に関する部分の表記は法律で義務付けられていて、実際、販売サイトに書かれてるので、上記の事例は、9割以上は消費者側の責任になるようです。

購入する時は、値段の安さだけを見るのではなくて、価格の裏にある契約内容をちゃんと確認することは大切です。

少なくとも、定期購入か否かは、最低限チェックしたいところです。



4.葛の花イソフラボンで体脂肪減らす時の注意点!

4.1.ダイエット中ほど栄養素をまんべんなく!

ダイエットでは、兎角も特定の食べ物を抜きがちです。

メディアで、炭水化物抜きダイエットとか報道されますが、安易に真似をすると、健康を害するリスクがあると言われてます。

例えば、毎日ご飯を3杯は食べるのを1杯にするとか、日ごろ食べ過ぎという人が減らす分には良いかと思います。

だけど、それにしたって、全く食べないと言うのは危険でしょう。

炭水化物は必要栄養素の1つです。

必要となってる以上、摂取しないと身体に害が出ると考えられます。



顕著なのが、脳への影響と言われてます。

炭水化物は脳を働かせるエネルギーですが、不足してるので、脳の働きが鈍くなるとか。

また、肌荒れや薄毛を引き起こす、といったケースも報告されてるようです。


栄養素は1日に必要な量を摂取しないと、特に歳をとってからは、身体の機能を害しやすいそうです。

痩せても健康を損なって薬が必要になりました!というのは、微妙ですよね。



でも、肥満対策にダイエットを行うときは、毎日の食事量を減らすのは仕方がない面もありますよね。

であれば、マルチビタミンなどのサプリメントで、1日に必要な栄養素を十分に確保するといった対策を、自分で考えることが大切かと思います。


4.2.肥満対策の運動はユルくてOK!

肥満対策といって昨日まで運動しなかった人が、いきなり1時間とか走ってケガたという話、意外と多いようですね。

葛の花サプリメントなどのダイエットサプリを併用して、脂肪燃焼のために運動をやろうと考えてるのなら、アスリートのような激しい運動量は不要なんだそうです。

じゃあ、どれくらい運動すれば、効率よく痩せれるのかという話ですが、

メディアの情報を見てみると、病院の先生が言うには、例えば、メタボ(内臓脂肪型の肥満)の人の場合、1日30分程の有酸素運動をすれば、脂肪燃焼の効果を得られるそうです、

簡単な有酸素運動だと、ジョギングや散歩ですね。

1駅ぐらい自転車で通勤するのもアリかも知れません。



運動と脂肪を減らすサプリメントを合わせるとき、ポイントは、運動は軽く。継続は長く。だそうです。

激しい運動を週1でやるよりユルい運動を毎日やる方が、内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果は上なんだとか。

毎日忙しくて運動どころではない人は、日常の行動を振返って、運動に置き換えれる箇所がないか探してみると良いですよ。



一番効果あるのは、立って電車に乗ることなんだそう。

電車の揺れに対抗するため、足は腰回りに常に力が入るので、オススメみたいです。

あとは、エレベーターに乗らず1階層は階段を使うとか、帰宅事は駅から家まで歩くとか、工夫次第でいくらでも運動量を確保できそうですね!


4.3.ストレスが痩せるのを邪魔する!?

ダイエットの失敗原因の1つとして、脳へのストレスが挙げられてるそうです。

ダイエットに食事量を減らすのは、どんなケースでも有り得るかと思います。

けれど、そうすると、カロリー量も減るため、どうしても脳へのエネルギー量が減ってしまいますよね。

そうすると、脳はエネルギーをよこせ!とドーパミンを分泌して、食欲を発生させるそうです。

そして、その食欲に負けて食べてしまい、リバウンドで減量に失敗してしまうという、悪循環になるとのこと。


じゃあ、どうすれば良いかと言うと、1日に必要なカロリー量ギリギリになるように3食のメニューを考えることが大事なんだそうです。

しっかり食べて、カロリーは必要量を超えない。

そうすると、ストレスも発生せず、脳からドーパミンも出ず、無用な食欲も生まれず、ダイエットに成功するというワケです。

カロリーが調整されたお腹を満たすメニューは素人では難しいので、病院を通して栄養士に考えてもらうのが無難のようです。


今は、栄養士さんが自分でサイトを作って、そこにダイエットメニューを紹介してたりするので、参考にするのも良い手かもしれませんね。