アスタキサンチンは心臓の健康にも効果がある

アスタキサンチンは、心臓の健康にも効果がある
と聞いて色々調べてみました。
 
 

アスタキサンチンが心臓を守ります

アスタキサンチンは口から摂取して体内に入ると、
血流に乗って全身へ運ばれます。
 
そうすると、強い抗酸化力の働きによって、
血液中の悪玉コレステロールを抑えて
血液をサラサラに変える力があります。
 
血管を汚すドロドロの血液は
生活習慣病やストレスで生まれる活性酸素で発生します。
 
アスタキサンチンは、この活性酵素を
抗酸化作用によって不活性にしてくれます。
 
これにより、ドロドロに汚れた血液が
血管にこびり付いてしまうのを防ぐワケです。
 
そして、善玉コレステロールを
増加させてくれる働きもあります。
 
なので、アスタキサンチンは血液の浄化を通して
高脂血症や、動脈硬化の予防、心臓病の治療にも
役立っています。
 

心臓も加齢によって老化します。

脂っこい食事やタバコ、ストレスなどで、
心臓の老化、衰えは極端に早まります。
 
そうして心臓が衰えると、
脈が飛んで不整脈を起こしたり、
 
心筋梗塞になって心筋への血流が滞り、
命を落とす危険が高まります。
 
だけれども、現代社会において
脂っこい食事やタバコ、ストレスを除外することは
 
無理です。
 
じゃあ、老化する心臓が起こす重病について
発生リスクを軽減するかというと
 
「血管を汚さない、詰まらせない」
という意識が非常に重要になります。
 
 

アスタキサンチンの力を借りよう

意識したら、次は行動です。
食生活、普段の生活習慣を変えます。
 
もっと改善効果を上げたいなら
アスタキサンチンの力を借りて下さい。
 
お医者さんが自分の身体で試して
これはイイ!とハンコを押したほどです。
 
効率的にアスタキサンチンを摂取するには
サプリメントです。
 
心臓の老化を改善するほどのアスタキサンチンを
身体に取り込もうとした場合
 
アスタキサンチンを含む食品、例えば鮭で補おうとすると、
1日に何匹も食べる必要があります。
 
そんなの無理です。
 
サプリメントの優れているところは
1日に必要なアスタキサンチンが
ぎゅっと濃縮されてカプセル1個になってる点です。
 
 
 

血管の詰まりこそが、心臓病の最大の原因

規則正しく動いてもらうためには、
心臓の血管を汚さず詰まらせないことです。
 
そうすれば、多少、年を取ったって
滅多なことでは心臓は止まりません。
 
血管はちょうど配水管の様なモノです。
 
中を流れているのが汚れのない清流であれば
配水管の内側は汚れません。詰まりません。
 
これが、下水、汚水だったら、あっという間に
汚れが配水管の内壁にこびり付きます。
 
そして、流れが悪くなり、詰まってしまいます。
 
血管の中を汚れたドロドロの血液が流れていたら、
配水管と同じように、血液が流れにくくなります。
 
配水管は清掃業者にお願いすれば綺麗になりますが
血管は、中を洗う事はできません。
 
血液をサラサラにする成分、
玉ネギの硫化アリル、鮭のアスタキサンチン

こういった成分を沢山摂取して、
身体の内側から綺麗にするしか手はありません。
 
 
 

脂っこい血液になってませんか?

血液が下水を流れる汚水のように
ドロドロの状態を「高脂血症」と言います。
 
高脂血症は自覚症状がないので
最初のうちはわかりにくいです。
 
健康診断などでも「中性脂肪が高めです」
とか「コレステロール値が高めですね」
 
「脂っこい食事を見直して」
などとアドバイスを受ける程度です。
 
ほとんどの人は「年だからしょうがない」
と軽く考えて何の対策もしないのが現実です。
 
しかしこれが命老縮めてしまう病気の始まり、
スタート地点というのは知っておくべきです。
 
 


コレステロールは何がヤバイか

コレステロールは細胞を作るのに欠かせない
大切な成分というのは事実です。
 
何がヤバイかと言うと、コレステロールが
活性酸素の影響を受けやすいという点です。
 
つまり、酸化しやすいワケです。
酸化したコレステロールは、ゴミにしかなりません。
 
正常なら細胞へ取り込まれて、
細胞を作る材料になりますが

酸化したコレステロールは、血管にこびり付いて
血流を悪くするだけに成ってしまいます。
 
 


酸化コレステロールが動脈硬化の原因

さらに活性酸素の悪い攻撃を受けて劣化し、
酸化したコレステロールは、
 
血管にこびりつくだけでなく、
血管の細胞に入り込んで巣を作り、
 
そこにどんどん酸化した
コレステロールを溜め込んでしまいます。
 
こうして血管の内部にコレステロールが蓄積していくと、
自然にこの汚れを取り去ることが難しくなり、
血管の内側に固まりを作りはじめます。
 
さらに血管が使い古しのゴムホースのように硬くなって
伸び縮みできなくなり、そのうち破れたりします。
 
これが「動脈硬化」と呼ばれる病気の状態で、
一度できてしまうとなかなか元に戻すことは困難なのです。
 
血管の内側にできた固まりは、
徐々に大きくなります。
 
血液の通りを悪くし、最悪の場合は完全に
血液の流れを止めてしまいます。
 
その結果、血液の循環が悪くなり、
血液が流れない部分の細胞は死んでしまいます。
 
もし動脈硬化が心臓の中にある血管で起これば、
心臓も停止しかねないのです。
 
 


動脈硬化の患者、4人に1人は死んでしまう

動脈硬化になったら、
4分の1の確率で死んでしまうそうです。
 
日本人の死亡率の上位を占めています。
命取りになる病気です。
 
動脈硬化の一番怖いところは自覚症状がない点。
 
いつの間にか脳の血管を傷つけて病気を発生させ、
心臓病の原因となる恐ろしい病気です。
 
動脈硬化を予防するには、
コレステロールの酸化を防ぐのが一番有効です。
 
もし、健康診断で
「悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が高めですね」
と言われたら、直ぐに行動を起こしてください。
 
悪玉コレステロールや中性脂肪が高いということは
酸化コレステロールが増加してることを意味します。
 
 

コレステロールの酸化を抑えるのが最優先

血管をこれ以上汚さないために、
酸化を抑制することが、非常に重要です。
 
食事改善、生活習慣の改善、
そしてアスタキサンチンです。
 
アスタキサンチンの流行は、
もともとは米国が発祥です
 
米国の研究機関で、アスタキサンチンの
抗酸化作用が証明されました。
 
これが報道されてから、
アスタキサンチンのサプリメント業者の業績が
一気に右肩上がりしました。
 
米国は、世界的な医療先進国です。

国民1人1人の医療に対する目は
日本以上に厳しいものがあります。
 
そこで好評化を得ているアスタキサンチン。
利用しない手はありません。