読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

冷たいご飯、レジスタントスターチがダイエットに効く理由

f:id:tinyoko8:20160625185102j:plain

便秘の原因はダイエットだった・・・

最近、肌の荒れ具合がハンパないので

知り合いに相談したら、「便秘」を指摘されました。

 

女性にとって「便秘で肌荒れ」の話は

よく知られてるそうですが

 

自分には、腸と肌が関係しているのが

分からなかったので、少し調べてみました。

 

 

まず、便秘の原因は、

現在進行中のダイエットだったみたいです。

 

ダイエットをすると便秘になりやすく、

肌荒れやクスミ、吹き出物などが出来やすくなるそうです。

 

理由は、基礎代謝が落ちてるせい。

 

ダイエットで食事を抜くと、

急に摂取カロリーが少なって

 

そうすると、人間の体は生命維持を

優先させるために基礎代謝を落とすんだそうです。

 

つまり、体が自身を省エネモードに切り替えて

内臓の働きを控えめにさせるために、

便秘になってしまうそうです。

 

だからダイエットやってると便秘になるんですね。

 

で、便秘と肌荒れの関係ですが、

ダイエットで体が省エネモードになり

 

腸の働きが鈍くなったせいで、栄養が吸収されにくくなり、

そして肌状態が悪くなったというわけです。


そうすると、ダイエットと肌の状態を両立させるには

食事を減らしてはいけないと言うことになります。

 

 

ダイエットに食事抜きはNG!食材を選べ!

ダイエットには「食事を抜く」のではなく、

「食材を選ぶ」ことが大切なんだそうです。

 

で、何を選ぶかですが、それが「レジスタントスターチ」

という成分を含む食材です。

 

レジスタントスターチは、調べたらなんと
ダイエット効果と肌をきれいにしてくれる効果の

両方を兼ね備えてました!

 

レジスタントスターチの正体は、

冷えて水分が抜けたデンプンです。

なので、コンビニおにぎりや蕎麦などに多く含まれます。

 

専門家の間ではかなり前から知られ、ヨーロッパでは

レジスタントスターチが14%以上含まれる商品に、

「食後の血糖応答が小さい」という

内容の表示をすることが認められてるそうです。


それで、冷やしたごはんや蕎麦の主食が

ダイエットに効く理由ですが、

それは「有機酸」がキーワードになってました。

 

温かいご飯のでん粉は、胃を通り小腸で吸収され、

エネルギーとして使われます。

 

残れば脂肪となって体に貯蓄されます。

 

レジスタントスターチは、小腸で吸収されず大腸まで届き、

発酵され、「有機酸」が発生します。


この「有機酸」がお腹痩せに

パワーを発揮するんです。

 

有機酸は肝臓に運ばれ、肝臓に溜まった脂肪を

便と一緒に排泄する働きがあります。

 

他に、腸内を悪玉菌が

活動しにくい環境にしてくれるため、

腸の調子を整えます。


また、食材によって、血糖値の上がり方に

違いがあることも明らかになってるそうです。

 

 

 

レジスタントスターチは低GI食品

「GI( グリセミック・インデックスの略)」

という言葉、一時期流行りました。

 

食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。

 

血糖値の上昇がおだやかな低GI食材は

血糖値が上がりにくい性質があるので

 

インスリンが過剰に分泌しにくくなり、

美容と健康に良いということが分かってきました。

 

ちなみに、低GI食材で有名なのは玄米ですが、

平日の昼食で、メニューに玄米ある

お店を探すのって結構大変です。

 

あったとしても、

同じお店に毎日行くとは限りません。

 

ですが、デンプンが冷えて

レジスタントスターチが豊富なったお握りの場合

食物繊維と同じ働きがあり、「低GI 」食材になります。

 

そして、満腹感があるので、

次の食事まで間食をせずに済むことが多いです。

 

レジスタントスターチの食べ物を朝や昼に取り入れることで、

次の食事の食べすぎまで防ぐことができるのです。

 

レジスタントスターチが豊富な食品は、

コンビニのおにぎりといった冷やごはん、

 

蕎麦や冷製パス夕、冷やし中華、

サンドウイツチなどに多く含まれます。

 

白米やうどん、パンなどの

炭水化物は太るとされていますが、

 

冷えたものを選べば、

ダイエット効果が期待できるんです。

 

また、血糖値が高い状態は、

肌をくすませ老化が速まります。

 

その対策としても低GI食材の

レジスタントスターチは優秀な食材と言えます。

 

 

レジスタントスターチとは言え、食べすぎは肥満の元

ただ、痩せるからといって

レジスタントスターチ食品の食べ過ぎや、

高脂肪のおかずと組み合わせると意味がありません。

 

とは言え、冷ご飯メニューだと悲しくなるので

温かさを求めるなら、温かい汁物と一緒に食べると良いですよ。


ご飯を暖めなければレジスタントスターチは失われません。

おにぎりだけでなく、蕎麦やサンドウィッチもOKです。

 

そうすることで、飽きずに継続できます。

 

 


レジスタントスターチを食べれば、出世力が向上する理由

最近、糖尿病ではないのに、

血糖値急激な変動によって、

不調を抱える人が増えてるそうです。

 

しっかり食べたのに、

すぐにお腹が空いてしまう。

食後にイライラする。

 

気分の変動が激しいといった原因は、

食後の血糖値の変動が大き事が原因なんだとか。

 

血糖値が大きく変動する理由ですが

温かい白米や甘いお菓子など

 

血糖値が急激に上がる食材を頻繁に食べていると、

インスリンが必要以上に分泌される身体になってしまいます。

 

そして、食後1時間半経つと、

血糖値がガクンと急激に下がり、

血糖値の急降下が発生します。

 

すると、脳は「危険な状態」と判断し、血糖値を上げるために

アドレナリンやノルアドレナリンを分泌させます。


それらによって、イライラや憂欝

といった精神状態になってしまうそうです。

 

改善する方法の1つとして、玄米や全粒粉パンなど、

血糖値が急激に変動しない食材

「低GI 食材」に切り替えることです。


レジスタントスターチもその一つです。

 

食後、穏やかに血糖値が上がっていくため、

インスリンが過剰に分泌されにくくなります。

 

そのため、食後の眠気、イライラ、

集中力がなくなるといった反応を回避できます。

 

糖は脳のエネルギー源は糖質ですから、

摂らないわけにはいきません。

 

眠っている時も、起きている時と

同じくらい糖質は使われています。

 

糖質を補給することで脳をコントロールし、

誘惑に負けないことがわかっています。

 

言い換えれば、糖質不足は脳をコントロールできず、

誘惑に負けてしまうということです。

 

やるべきことに集中することができず、

やりたいゲームや漫画に手を伸ばしてしまう


といった自分に負けてしまう性格は、

糖質からきているのかもしれません。

 

糖質の摂り方を変えれば、

意志が強い人間になれると言われるのは
こういった事が理由です。