読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

出世してる男性に肌がキレイな人が多いのはwhy?

f:id:tinyoko8:20160625184201j:plain

出世に必要なこと

「出世は頭脳や会話でするものだ」

と思ってる人多いですよね。

 

特に40代、50代に多い気がします。

 

私も昔は、サラリーマンの出世には

見た目は関係ないと勘違いしてを放置していました。


でも、それは間違いでした。

 

 

 

政治家は好印象を与えるためにファンデーションを使う

テレビに出る政治家はファンデーションを使い、

血色よくツヤがある肌に見せようとするそうです。

 

血色が良くツヤがある肌は、仕事ができる。精力的である。

というメッセージを有権者に伝えます。

 

顔色が悪いというのは、

気分的に落ち込んでいたり、

活力が無い印象を与えます。


逆に顔色が良いと、活力に満ちて

精神的にも充実している印象を与えます。

 

顔は人に最も見られる部分です。


なので、肌の印象を無視するというのは、

非常に勿体無いという事を認識して下さい。

 

 

肌の状態で人に与える印象が変わります。

肌を整えることで印象力をアップすることができるのです。

 

見た目を疎かにしていると

「たいしたことない」と思われる確立が高くなります。


それは、せっかく実力があるのに

正当に評価されてない事を意味します。

 

悔しくないですか。

 

実力がないのに周りの印象は良くて出世する人。
貴方の周りにもいますよね。

 

悔しくないですか。

 

 

印象力がアップすると、実力までアップします。

「できる男」の印象を作っておくことがポイントです。

 

「できる男」の印象に変わると、働き方が変わってきます。

これは、認知的不協和という心理が働いているからです。

 

ジャージを着るとリラックスします。

スーツを着れば気持ちが引き締まります。


これを認知的不協和といいます。

 

肌を整え顔色を良くすれば

「どんどん仕事ができる」「元気だ」

という気がしてきます。


「できる男」の見た目を作れば、

中身も「できる男」に相応しくなろうと

追っかけてくるのです。

 

ですから、印象力をアップさせることは、

あなたの中に眠っている実力を、

最大限に引き出すことのきっかけになります。

 

これが、印象力がアップすると、

実力までアップすると言われる理由です。

 

 

肌の状態を良くすることで心身のコンディションを整える

「成功している人は、運が良いだけだ」と言う人がいますが、

運よく成功するチャンスがやってきたとしても、

 

それを活かせるだけのコンディションが

整っていなければ成功はできません。

 

成功するには、それに見合ったストレスに

立ち向かう事が必ず発生するからです。


なので、身体、精神のコンディションに

常に気を配りましょう。

 

精神状態から実力まで、

周囲に与える印象を決定づけるのが肌です。

肌のコンディションを整えましょう。

 

活力から精神状態までをコントロールし、

実力を引き出すのです。

 

肌の状態を良くすることで

心身のコンディションが整います。

 

仕事のパフォーマンスが高まります。

出世力が向上します。

  

 

ファッションだけ頑張っても肌が荒れていれば意味がない

最近は、デ、ザイン性のあるワイシャツやネクタイ、

ビジネスバッグや小物を持つ男性が増えました。

 

本屋には男性向けファッション誌が並び、

ドラッグストアには男性向けスキンケア用品の棚があります。


昔は「ファッションを気にするのは女」

という風潮がありましたが、

 

時代が変わり、ファッションを気にする

男性が増えたということです。

 

ファッションによって、

周囲に与えるイメージをコントロールできます。

 

例えば、向かい側から男性が歩いてきます。

紺のスーツを着て、黒髪の短髪です。

おそらくビジネスマンでしょう。

 

もしポケットからベンが落ちれば、

「落ちましたよ」と声をかけてあげようとも思えます。

 

一方で、紫のスーツにパンチパーマで

サングラスをかけた人が歩いできたらどうでしょう。

 

違う世界の人に見え、

少し離れて歩こうと考えるかもしれません。

 

ファッションでイメージを変えることはできるのです。

 

しかし、「できる男」に見せようと

高級スーツを着てイメージアップを図ろうとしていても、

残念に終わってしまっている人が多いです。

 

 

身なりがよくても、肌が汚いとなめられる

前から歩いてくる人は、有名な高級スーツを着ていました。

「身なりがいい。どこかの会社役員かな?」

 

と思ってすれ違いざまに顔を見たら、

ガサガサと粉がふいて顔中吹き出物だったらどうでしょう。

 

あの高級スーツ、レンタルじゃね?

 

と、せっかくの高級スーツが冴えないスーツに思えて

受けるイメージがガラリと変化します。


肌を無視していると、ファッションを頑張っても『できる男』に見えないのです。

肌の悪さは、高級ブランドの服をも台無しにしてしまいます。

 

ファッションは他人に任せることもできる故に

ファッションを身に着けてない素の状態の

「本質」は肌を見れば大体分かります。


肌は、生活習慣、心身のコンディション、

感情、癖まですべてを教えてくれます。


初代のようなファッションで若作りしても、

肌にシワやシミが多ければ、すぐに年齢が分かってしまいます。

 

顔の肌は最も他人に見られる部分であり、

自分そのものです。

 

肌の状態を良くすることは、

自分自身を磨いていくと同じなのです。

  

以上が、肌を整えると出世できると言われるの理由です。