読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

自信が無い人は、見た目を変えると良い

見た目

f:id:tinyoko8:20160616235504j:plain

自分に自信がない。今の生活を変えたい。

という人にオススメなのが「見た目」を変えることです。

 

実際に自分で試して理解できたのですが、

見た目を変えると本当に自信が生まれます。

 

 

これは心理学の話で、コンプレックスを癒すことで

自信を発生させる技法に通じるのですが、

 

自信がない人は、多少あれど

自分の見た目にコンプレックスを持ってますから、

 

見た目を変えることでコンプレックスを消し、

そして自信を発生させるわけです。

 

そして、見た目を変えて自信が生まれると

人間関係がスムーズになってきます。

 

それはビジネスでの信頼感につながります。

 

そうやって好循環のきっかけが出来れば

あとは継続していくだけです。

 

これで自分を変えることができ、

今の生活さえも変えることができるようになります。

 

 

第一印象は、見た目で決まるのは言わずもがな

科学的には、たったのO.2秒~0.5秒の間に目に入った姿で

人の印象は決まってしまうそうです。

 

第一印象がその後の人間関係に大きな影響を与えるのは、

もはや疑いようのない事実です。知らない人はいません。

 

だからこそ仕事がデキると言われる人たちは

忙しい中でも美容にかける時間を必ず作ります。

 

見た目を整えることがビジネスの成果に直結することを、

身をもって実体験しているからです。

 

たぶん、ご自身の勤め先の同僚で、

仕事がデキると言われてる人たちは

 

見た目、身だしなみも

キチンとしているハズです。

 

 

見た目で、仕事で損したことありませんか?

現代のビジネスシーンにおいて、

清潔感があることは大前提。

 

不裂さを感じさせると、

マイナスからのスタートになります。

 

見た目のケアに無頓着なせいで、

せっかくスキルがあるのに、

 

仕事の結果に評価が伴わない人が

驚くほど多いのです。

 

男性な必要な美容テクニックは、

女性のものとは異なります。

 

女性の美容が美しく飾ることを

目的としてるのに対して

 

男の美容は、ビジネスツールとして

仕事で成果を出すことを目的とします。

 

なので、男性美容は他人にバレない、

気付かれない事が重要です。

 

自然な清潔感を作ることを心がけます。

 

 

男性の美容はもはや常識になりつつあります。

男性向けのTVCMも随分と増えてきました。

 

今はまだ洗顔や整髪料、

ダイエットエステのTVCMだけですが

 

今後は男性向けの脱毛エステ(髭とか)

のCMなども出てくるでしょう。

 

とはいえ、男が美容にこだわるの?!

と、びっくりする人もいるかもしれません。

 

ですが、世界的にも有名な

トップビジネスマンにとっては

 

美容はおろか、

メイクだって当たり前になっています。

 

海外だけでなく国内のビジネスシーンでも

男性の美容、メイクは必須のスキルになりつつあります。

 

なぜ、ビジネスマンも美容に気を付けるべきと

言われてるのでしょうか?

 

答えはとても簡単。

見た目=第一印象がビジネス成果に直結するからです。

 

世界的に有名な経営者でいうと

例えばスティーブン・ジョブズは分かりやすいですね。

 

まず、髭。

 

おしゃれに興味がない人がみると

「髭伸ばし放題でみっともない」と映るかもしれませんが

 

メイク、化粧品、アパレルといった業界人からみると

彼はとても見た目に気を遣ってるのが分かります。

 

髭ですが、本当に生やし放題ならこんなに

整ってはないですね。

 

あと、彼は相当の多忙で有名でした。

 

しかも、世界的企業のトップですから社内外からの

プレッシャーは相当なものだったに違いありません。

 

普通なら、目にクマがあっても不思議でないですし

年齢的にも、濃いシミや小ジワが

もっと目立っておかしくないです。

 

にも関わらず、メディアの前に立つときの

彼が若々しく見えるのは

 

多忙でも美容にかける時間を

惜しまないからです。

 

もし、彼が美容に手間と労力をかけなければ

メディアの前の彼の表情はもっと疲れて、

或いは不機嫌そうに見えたはずです。

 

トップの体調が悪そうに見えたり、

不潔に見えたりする企業は

 

株主、市場からの信頼を得られず、

社会的評価を落としていきます。

 

 

男性が美容に時間をかけるのは、ビジネスでとても大切

経営者に限った話ではなく、

一般的なビジネスパーソンにとっても

 

男性が美容を気にかけることは、

とても大切なことです。

 

自分の勤務先の仕事がデキる人たちをイメージすると、

その男たちは生き生きとした顔つきで、清潔感があります。

 

カミングアウトしてないだけで、

休日にメンズエステに通うなど

 

美容にこだわってるビジネスマンは、

ここ数年で右肩上がりに増えています。

 

 

美容という言葉がピンとこない人は、

「身なり」という言葉に置き換えてもOKです。

 

一昔前と比べると、

細身のスーツやブランド物のネクタイなど、

 

仕事着にお洒落を取り入れるビジネスマンが

増えてませんか?

 

身の回りを見ると、

ああ確かにと共感できるところがあるはずです。

 

 

身なりを整えるというのも、

見た目=初対面の印象に力を入れるということに繋がります。

 

身なりに手間と労力をかけるビジネスマンは、

仕事の成果が変わることを実体験で知っているのです。

 

ビジネスマンとしての自分に自信がない人、

もっと仕事がデキルようになりたい人は

 

是非、見た目、身なりに掛ける時間、

労力を増やしてみて下さい。

 

 

人間関係を決定つけるのは、

初対面のコンマ2秒~コンマ5秒の間と言われるほどです。

 

取引先に対して、

初対面で好印象を印象付けることができれば、

 

顧客との信頼関係を構築するための

第一関門を突破したことになります。

 

ビジネスシーンだけではありません。

周りの人たちとの人間関係にも良い影響を与えます。

 

当然、異性に対してもです。

 

これまでは余り良い印象を持たれてなかった人が

ある日、急に見た目、身なりを整えてきて、

そのギャップに落ちたというのはよくある話です。

 

見た目で相手との信頼関係を

築き上げるスピードが変わってくることを

ちゃんと理解しておくとよいですよ。

 

ビジネスマンとして自身が無いなら、

まずは見た目を変えると、成功率が高いです。