読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

肌フローラで美肌に!常在菌は腸だけじゃない!

f:id:tinyoko8:20160525220122j:plain

善玉菌は腸だけじゃない。肌にもたくさん住んでます

腸内フローラ、流行ってますよね。

 

ちなみに、フローラが形成されるのは腸内だけではなく

肌にもできます。肌フローラですね。

 


特にお手入れしてないんだけど、

肌が綺麗に人いますよね。


あれは、肌フローラの皮膚常在菌が活発で、

質のよい皮脂膜が形成されているからです。

 

 


美肌かどうかは、肌フローラの皮膚常在菌細菌の影響は

高級な化粧品とは比べ物にならないほど、大きいそうです。

 

肌の老化進行に腸内フローラが関係することは

TVや雑誌でたくさん紹介されてましたが、

 

肌にも菌がたくさん住んでるというのは

ちょっと驚きですよね。

 

でも、事実として、肌には沢山の皮膚常在菌が居て

肌を良い状態にキープするために必要な肌フローラを作ってます。

 

 

 

皮膚常在菌の2つの役割

肌には、表皮ブドウ球菌、黄色プドウ球菌、アクネ菌など、

約10種類の皮膚常在菌が住んでいるそうです。

 

この皮膚フローラの常在菌は、

皮膚表面の脂肪を食べます。

 

そして、脂肪酸の膜を作ります。

この膜は皮脂膜と呼ばれます。

 

この皮脂膜には

主に2つの役割があるそうです。

 

 

1つ目は、病原菌から体を守る役割。

皮脂膜によって、

皮膚は弱酸性に保たれます。


これにより、病原菌が

皮膚に付着するのを防いでるそうです。

 


2つ目は、肌の感想を防ぐ役割。

の皮膚常在菌がつくり出す皮脂膜は、

肌の乾燥を防いでくれます。


肌の潤いをキープし、かつ柔軟性を保つ

働きまでやってくれるそうです。


大手化粧品メーカーのラボで

こんな実験がされたそうです。


肌フローラを構成する表皮ブドウ球菌を配合した化粧品を

30代の女性に使い続けたところ、肌の水分量が上がったそうです。

 

つまり、表皮ブドウ球菌が作り出した皮膚膜により

肌から蒸発する水分量が抑えられたという事あ考えられます。

 

また、表皮ブドウ球菌は

悪玉菌の働きを抑える成分を生成するそうです。


これは、腸内フローラのビフィズス菌と全く同じ動きですね。

 

善玉菌が増えて悪玉菌の数が減ってくると

悪玉菌がつくる炎症物質が減ってきて、

吹き出物や肌荒れが減ってくるワケです。

 

 

 

清潔好きなほど、肌の老化が激しい

清潔好きなほうが、肌の保湿力、ハリ、老化がヒドイ

という研究報告があるそうです。

 

理由は、肌フローラの皮膚常在菌を

尽く洗い流してるせいです。

 

石鹸で洗った場合、肌フローラの皮膚常在菌は

なんと、約90%が失われてしまうという実験報告があるそうです。

 

考えてみれば当然で、

例え洗顔料を泡立てて優しく洗っていたとしても

 

洗顔料を使った時点で、

表皮ブドウ球菌などの皮膚常在菌は除去されてしまいます。

 

しかも、肌フローラは、一度壊れてしまうと

元の状態に戻るまでに、かなりの時間が必要なんだそうです。


腸内フローラの場合は、食べることで

菌そのものと、菌が増殖するための餌となる食材を補完できます。


なので、割と直ぐに戻ります。

 

でも、肌フローラの場合は、

意識的に皮膚常在菌を増やせません。


なので、戻りに時間がかかります。

 

 

肌フローラを壊さない洗い方

肌フローラの皮膚常在菌が元の状態に戻るには、

10代、20代だと12時間、

50代、60代になると20時間以上かかるそうです。

 

もし皮脂膜が剥がれてしまったら、

その下の角質層にダメージがいきます。


角質層は脆くなって剥がれやすくなり、

水分が出て行きます。


そして、最後には

肌がカサカサになってしまいます。

 

また、皮脂膜には、病原菌が

皮膚に付くのを防ぐ役割があることを説明しました。

 

皮膚のバリア機能ですね。


これが無くなるので、雑菌が繁殖して

肌荒れや大人ニキピといった肌トラブルが予想されます。

 

雑菌だけでなく、病原菌も付きやすくなります。

例えば、インフルエンザやアレルギー性皮膚炎です。

 

とはいえ、肌を全く洗わないと

汗やホコリが付着したままで、

別の肌トラブルがでてきます。

 


肌フローラを破壊しないように洗うには

第一に念入りにしないことです。

 

皮膚常在菌を落とすほど洗っては意味がありません。

飽くまで、汗、皮脂、ホコリを洗い流す程度の気持ちです。

 

ごしごし洗いは勿論、洗顔石鹸やボディソープで

顔や体を丹念に洗っている人は、要注意です。

 

かえって肌のコンディションを

悪くしてしまっている可能性大です。

 

あと、お風目で体を洗う場合は

石鹸を使うのは、1日おきで良いという意見もあるそうですが


そこは、その日の汗のかき具合、汚れ具合を見て

自分で判断しましょう。

 

 

まとめ

腸内フローラ、肌フローラだけでなく、

それ以外の部位にも常在菌は居ます。

 

腫には腫内フローラ、

鼻の穴には鼻内フローラがあります。

 

それらを良い状態に保ち、健康に繋げるには

常在菌を自分のパートナーとして認知するとこにコツがあります。

 

常在菌は、自分たちの棲む環境を

少しでも良くしようと活動します。


自分たちの敵となる悪い菌が

寄りつかないようバリアも張ります。

 

その過程で生まれる物質を人は享受してるワケです。

 

清潔過ぎる生活習慣は、こういった常在菌たちの働きを

無にしてしまうことは頭にいれておくべきかと思います。