読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

なぜ腸内細菌が元気な人は、病気にならないのか?

腸の健康

f:id:tinyoko8:20160522153448j:plain

腸内細菌が元気だと病気になりにくい

病気になりやすい人、病気になりにくい人の違いは

免疫力の高さの違い、という内容をTVで見ました。

 

でも、その免疫力の違いは何に因るものなのかまでは

取り上げてなかったので、ちょっと調べてみました。

 

 免疫というのは、人間の体内に有害なモノが侵入してきた時に

それを検知して排除しようとする仕組みのことです。

 

病原菌やウイルスが外部から侵入しそうになったり

悪性の細胞が体内に発生した場合に、

これを攻撃して撃滅する自己防御システムです。

 

当然、免疫力が低ければ病気になりやすいです。

免疫力が高ければ病気には無縁で過ごすことができます。

 

そして、この免疫力は、体のどこで働いてるかというと

実は、腸になるそうです。

 

腸の腸粘膜には、体内の免疫系細胞の約70%が集中してるんだそうです。

 

今まで、ヒトの免疫機能は、身体中に

満遍なく存在するのかなと思っていたので、かなり驚きました。


免疫系細胞は、ただ存在するだけでは余り意味がなく

活発に活動できていないと、病原菌やウィルスに対応できません。

 

この免疫細胞を活性化させているのが、

腸内細菌になります。

 

これが、免痩力の高さは腸内細菌によって決まると言われてる理由です。

 

 

免疫細胞が腸に集中してる理由

免疫細胞が、どうして腸の粘膜に集中してるかについては

諸説ありますが、もっとも有力な説が

身体の外と直に通じてるからというものです。

 

腸は、口から虹門までつながる1 本の管です。

身体の外と繋がってるので、当然、身体に悪いモノが侵入しやすいです。

 

病原菌やウイルス、

花粉やダニなどのアレルギー物質も侵入してきます。

 

また、食べ物と一緒に食中毒菌などの有害物が入ってきたり

消化が不可能な異物が入ってきたりすることもあります。

 

腸は人体最大の吸収器官なので、吸収する力も強いので

もし、有害菌やウイルスが混入してると、

食べ物の栄養と一緒に吸収してしまう危険があります。


非常にマズいです。

 

ウィルスなどが腸で吸収される前に、

何とか分別して排除しなくてはなりません。

 

なので、身体全体の70%もの免疫系細胞が腸粘膜に集中して

有害物質が吸収されないように防御してるわけです。

 

 

免疫の高さと腸内細菌の数の関係性が分かる研究報告

腸粘膜のヒダヒダにはバイエル板と呼ばれる独特の免疫組織があるそうで、

病原菌や有害物質が腸に侵入してきたら、このバイエル板で攻撃するそうです。

 

免疫細胞が有害物を攻撃したり排除したりしてる際も

腸内細菌は免疫細胞を盛んに刺激して活性化させます。

 

免疫細胞と腸内細菌とが連携して

侵入者を撃退してるわけです。

 

腸内細菌の種類と数が多いと、

より免疫組織を活性化させます。

 

これが、腸内に腸内細菌を数多く保持してる人のほうが

免疫力が高く病気になりにくいと言われる所以です。

 

実際に、腸内細菌が多い人と少ない人とで

病気にかかる差に大きな違いが生まれます。

 

大腸菌の一種のo-157について、興味深い研究があります。

 

同じ給食を食べてo-157が集団発生した岡山県の小学生を調査した結果

o-157 に感染して入院となった児童は全体の12%で、

下痢など比較てき軽めの症状が58%でした。


そして残りの30%が、何の症状も発症しなかった児童でした。

 

この3グループの腸の状態を調べてところ

何かしらの症状が起きた児童のほうが、腸内細菌の数が少なかったそうです。

 

かつ、よくo-157にかかる以前から、

お腹の調子を崩しやすい子が多いことが分かったそうです。

 

感染した児童は腸内細菌が少なく

免疫細胞を十分に活性化できなかったため

結果としてo-157菌を撃退することができなかったわけです。

 

このように、免疫力の高さというのは、

腸内細菌の数と種類によって大きな差が生まれます。

 

 


腸内細菌の数を増やす方法、キープする方法

腸内細菌の種類と数が減ってくると

ちょっとしたことで体調を崩すようになり

 

腸内細菌の種類と数が増えてくると

風邪を引かない堅強な身体を作ることができる

ということが最近の研究で明らかになってきています。

 

なので、病気とは無縁の健康優良体でいたいのであれば

腸内細菌の数と種類を増やすことを頭にいれておくことが重要です。

 

腸内細菌を増殖させる簡単で確実な方法があります。

それは、食生活の改善です。

 

・オリゴ糖や食物繊維をたくさん摂取して、体内の菌を増殖させる。

・ヨーグルトやサプリで善玉菌を外部から摂取する

 

上記を念頭に毎日のメニューを組み替えて

かつ毎日たくさんの便が出ているのであれば、その食生活は良好です。

 

大量の腸内細菌が増殖し活発に活動している証拠となります。

一度増やした腸内細菌を、減らさずキープすることも重要です。

 

・食品添加物が少ない食品を選ぶ

・規則正しいリズムで生活する

・ストレスは積極的に解消する

 

腸内細菌の減少を防ぐには、

これらを心がけていく必要があるそうです。

 

これらを実践していけば、

早い人だと2週間ほどで効果が出るそうです。

 

効果の有無は便の状態で確認できるそうなので

興味ある人は試してみて下さい。