読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

腸内細菌の種類で、太り易さ、性格が決まる事実

腸の健康

f:id:tinyoko8:20160519234012j:plain

腸内細菌の種類で、体質や性格が傾向付けられる

腸内フローラを構成している腸内細菌群。

この細菌群の種類によって、体質や性格がある程度決まるという話があります。

 

ホントに?と正直信用できなかったので

ネットや書籍で色々と調べてみたところ、

どうやら、ホントらしいです・・!

 

 デブ体質、痩せ体質が腸内フローラの組成バランスで決まる理由

太りやすい体質の人、痩せやすい体質の人。

知り合いに、どちらかの体質を持つ人いませんか?

 

実は、その体質は腸内フローラの組成バランスによって

決定づけられることが、幾つかの研究報告から分かってきてます。

 

太りやすい体質の人

フィルミクテス門という腸内細菌が多い傾向があります。

フィルミクテス門の腸内細菌には肥満に結びつく2つの性質があります。

 

1つ目は、腸内で食べ物を発酵させ、更にカロリーを生み出す性質です。

2つ目は、通常の胆汁酸を「二次胆汁酸」と呼ばれる強酸に変えてしまう性質です。

 

通常なら体外に排出される脂肪も、

「二次胆汁酸」により分解されてしまいます。

 

その結果、フィルミクテス門の腸内細菌が多いと、

脂質の吸収量が増えてしまいます。

 

通常の胆汁酸は、食物に含まれている油脂を細かい状態に分解して、

消化管から脂肪を吸収しやすい形に変えていますが、

全ての油脂が細かく分解されるわけではありません。

 

細かくならない油脂はそのまま体外に排泄されます。

 


痩せやすい体質の人

パクテロイデス門という腸内細菌が多い傾向にあります。

バクテロイデス門の腸内細菌は、短鎖脂肪酸を出す性質があります。

この短鎖脂肪酸には痩せ体質に結びつく2つの性質があります。

 

1つ目は、脂肪吸収を抑制する性質です。

 

腸内で生成された短鎖脂肪酸は、

腸壁から吸収されて血液中に入ります。

 

短鎖脂肪酸は血液と一緒に体を巡るなかで、

脂肪細胞に脂肪吸収を抑制するよう働きかけます。

 

2つ目は、脂肪燃焼を促進する性質です。


短鎖脂肪酸は筋肉にも作用します。

通常より、脂肪燃焼を促進しろと働きかけます。

 

脂肪吸収の抑制と、脂肪燃焼の促進の2つの性質が

痩せやすい体質へとつながっていきます。

 


なので、痩せ体質か、太り易い体質かは

その人の腸内に棲んでる、バクテロイデス門とフィルミクテス門の

比率によって、ある程度決まることになります。

 

 

 

肌の老化しやすさも、腸内フローラの組成バランスで決まる

肌には、老化しやすい体質、老化しにくい体質があります。

これにも腸内細菌のバランスが関係してくるそうです。

 

女性は、エクオールという物質をご存じかと思います。

肌の老化を防いだり更年期障害の症状を防いだりする物質です。

 

これは、腸内細菌が大豆を分解するときに生成される物質で、

エクオールを生成できる最近のことをエクオール産生菌と呼ぶそうです。

 

そして、エクオール産生菌を保持してる人は

日本人の場合だと、2人に1人の割合なんだとか。

 

意外に多いですよね、保持してる人の割合。

 

実際にエクオール産生菌を保持してる人の肌年齢と

保持してない人の肌年齢を比べると、3歳~5歳ほどの差があったそうです。

 

 

ちなみに、エクオール産生菌を保持してなくても

がっかりする必要はなくって

エクオールは、サプリで簡単に摂れます。

 

しかも、効果もちゃんと有って、

エクオール産生菌を保持してない女性に

エクオールサプリを半年、毎日摂取するという実験をしたところ

 

摂取してない人と比べて、目じりのシワの深さが

浅くなって改善が見られたという実験結果が出たそうです。

 

 

 

性格にも、腸内細菌の種類が影響してる事実

「行動的なマウス」と「臆病なマウス」の腸内細菌を

互いに入れ替える実験が実施されました。

 

結果は、なんと、行動的なマウスは臆病になり、

臆病なマウスは恐れ知らずの行動ものになるという

行動の逆転が見られ、性格が入れ替わってしまったそうです。

 

これは、カナダの大学で行われた

マウスを使った実験です。

 

あくまでマウスの実験ですから、

人の場合も該当するかどうかは不明です。


腸内細菌を入れ替えたら性格がすっかり入れ替わるというのは

ちょっと想像しづらいです。

 

ただ、腸内細菌がつくり出す物質には、

人の感情に影響を与えるものが実際に存在します。

 

例えば、セロトニン。

 

これは、不安やイライラを抑え

精神状態を安定させる働きがあります。

 

他には、ドーパミン。

 

これは人の動機に関わる強化因子の働きがあります。

 

なので、このセロトニンやドーパミンを生成する腸内細菌が

極端に少ない人は、心身に支障を来しやすいそうです。

 

 

 

腸内フローラは1人1人違う

腸内フローラを構成する腸内細菌は

1人1人違うことが分かってます。

 

どの腸内細菌が、どれ位の割合で腸内にいるかは

親子であっても、双子であっても

腸内フローラは絶対に同じにはならないそうです。

 

善玉菌や悪玉菌の増減は頻繁に起きます。

 

不規則な生活や食事をすると、簡単に悪玉菌が増えますし

ヨーグルトや納豆など善玉菌が好む食べ物を沢山摂ると

あっという間に善玉菌が増えていきます。

 

腸内細菌のバランスの変動は、常に誰にでも発生してます。


でも、それでも、腸内フローラを形成する腸内細菌の種類と数というのは

1人1人異なるんだそうです。

 

腸内フローラの組成バランスが、

その人の個性に結びついているのではと考えられているのは

 

その人の腸内フローラは、その人だけが持ってる

という事にも起因してるようです。