読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

腸内フローラは人によって異なる

腸の健康

f:id:tinyoko8:20160517213557j:plain

 

腸内フローラは人によって異なります。

一番の理由は、食生活が異なるからだと言われてます。

 

腸内フローラを形成する腸内細菌は、3つの種類に分かれます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類です。

 

 

これらは、人が食べたものを餌として活性化し増殖します。

ちなみに、善玉菌、悪玉菌、日和見菌とでは餌になる食材は異なります。

 

なので、食物繊維をたくさん摂るAさんの腸内フローラは

善玉菌の比率が高くなります。


多忙でコンビニ食ばかりのBさんの腸内フローラは

悪玉菌の比率が高くなります。

 

これが人によって腸内フローラが変わってくる一番の理由です。

 

腸内では、善玉菌と悪玉菌がいつも激しい生存競争を繰り広げてます。

善玉菌が増えると、片方の悪玉菌は減少するといった具合です。

 

不規則な生活を強いられていると、菌叢バランスが崩れて

悪玉菌が優勢になる場合があります。

 

そうすると、腸内環境が悪化して便秘になったり病菌になったりして

体調が悪くなっていきます。

 

 

腸内フローラの生成する物質は、人を強くもすれば弱くもする

腸内フローラの腸内細菌は、色んな種類の代謝物を生成します。

 

たとえば、TVCMで登場するビフィズス菌などの善玉菌は、

炭水化物、オリゴ糖などの糖を吸収して、乳酸・酪酸などの有機酸を生成します。

 

この有機酸は腸内を酸性にするので、

酸性が苦手な悪玉菌は増殖できずに減っていきます。

 

そうやって善玉菌が増えていくと、

外敵(病原菌やウィルス)の侵入を抑えたり、

腸の蠕動運動を活発にしてくれたりします。

 

更に、ビタミンB群も生成してくれて、

健康維持を手伝ってくれるようになります。


反対に、悪玉菌が増えてくると、

悪玉菌が生成する有害物質が腸内に溜まっていき

善玉菌の数が次第に減っていきます。

 

悪玉菌が作る有害物質は、

便秘や下痢などお腹の調子を悪くします。


更に、腸で吸収されてしまうので、

やがて全身を巡ることになり、最終的には、

肌荒れ、肩こり、老化などの体に悪影響がでできます。

 

 

腸内フローラの状態を悪くするには

腸内フローラの状態を悪くするには、

腸内環境を悪くすることです。

 

悪玉菌を増やし、善玉菌減らすことで達成できます。

腸内環境を乱す要因は主に3点あります。

 

1点目は、食事です。

 

肉類中心の食生活をやっていると、

どうしても脂質や動物性たんぱく質を好む悪玉菌が増えます。

そうなると、健康な腸内環境をキープできなくなっていきます。

 

 

2点目は、ストレスです。

 

ストレスが溜まると腸内環境が乱れることが分かっています。

面接前にお腹がゆるくなるという現象が正にコレです。

ストレスで腸内環境が乱れ、下痢や便秘を引き起こします。

 


3点目は、抗生物質です。

 

抗生物質は、病原菌を滅してくれますが、

同時に、害のない菌まで滅菌してしまうことがあります。

そうすると、腸内の善玉菌が減るため、腸内環境が悪くなります。

 

病院で抗生物質が出されるとき、特に小さい子供向けに

ビオフェルミンなどの乳酸菌が含まれた整腸剤が一緒に処方されるのは

これが理由です。

 

 

 

腸内フローラを改善する方法は出尽くしている

腸内フローラを改善する方法は、大体決まってます。

 

乳酸食品を食べて善玉菌そのものを摂取して腸内の善玉菌を増やすか

食物繊維やオリゴ糖などの善玉菌の餌となる食品を摂り、

腸内の善玉菌を増殖させるかのどちらかです。

 

両方やってもいいです。

 

あとは、規則正しい生活をするとか、適度に運動するとかありますが

一番効果が高くて簡単なのは、やっぱり上記の食事改善です。

 

食べる食品もほぼ決まってます。


善玉菌を食べるならヨーグルトや味噌などの発酵食品。

腸内の善玉菌を増やすなら、納豆やキノコ、海草類。

 

なので、腸内フローラを改善したいなら、難しいことは考えずに

これらの食品どれか1つを毎日食べてみてください。