読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

噂のデブ菌を腸内から減らす方法を調べてみる

腸の健康

f:id:tinyoko8:20160517214003j:plain

 

ダイエットで痩せないのはデブ菌が原因

ダイエット目的で小食にしてるのに

なのになぜか痩せない。。。

 

なんで?と思い、色々調べてみたら

腸内細菌が原因の1つという事が分かりました。

 

腸内には沢山の菌が住み着いてるのは既知の事ですが

その菌の中には、人間の体重に関係のあるヤセ菌とデブ菌が存在するそうです。

 

 

デブ菌とは

フィルミクテス門の細菌グループです。悪玉菌が好む、日和見菌の一つになります。

消化されたものを体内に溜め込んでしまう性質があるため、デブ菌と呼ばれてます。

油や脂肪など、高脂肪・高糖質の高力口リー食品が好きな人にデブ菌は多いと言われてます。

 

ヤセ菌とは

バクテロイデス門の細菌グループです。善玉菌が好む、日和見菌の一つになります。

脂肪の蓄積を抑える性質があるため、ヤセ菌と呼ばれてます。

食物繊維が豊富で低脂質の低カロリー食品を沢山摂取する人にヤセ菌は多いと言われてます。

 

ヤセ菌が多いと、体重が落ちやすく

反対にデブ菌が多いと、前述のように小食にしても

中々体重は落ちないんだそうです。

 


デブ菌を減らし、ヤセ菌を増やすには?

じゃあ、ヤセ菌を増やしてデブ菌を増やすには何をやれば良いかと言うと

食物繊維が多く低カロリーの食品を毎日摂取することになります。

 

なので、例えば納豆とかキムチとか、こういった食品を

日々の食事に必ず1品加えるとOKです。

 

反対にデブ菌が好むのは高糖質で、高脂肪、低食物繊維食になります。

これらを控えるとデブ菌は増えません。

 

腸内のヤセ菌を増やすために、毎日の食事で積極的に摂取すると良い食材として

選ぶべきは、食物繊維、オリゴ糖が多い食品です。

 

食物繊維、オリゴ糖はヤセ菌の餌になります。

なので、これらを多く含む発酵食品、味噌やキムチを日々摂取するようにします。

 

一度に多く食べるより、少しずつでも毎日摂り続ける方が

効果があるので気をつけてください。

 

あと、腸内細菌にとって活動しやすい環境にを腸を整えることも大切です。

 

それには、腸内細菌を減少させてしまう活性酸素を減らすことが重要。

おすすめはフィトケミカルを多く含む野菜を沢山たべる事です。

 

キウイ、バナナ、グレープフルーツ、マンゴー、葡萄、オレンジ、

パパイヤ、パイナップル、りんご、メロン、イチジク、スイカ、梨、桃になります。

 

それ以外に、腸の健康状態を良化させる方法として

低体温を改善してくれる生姜などの食材を摂取する方法もあります。

 

また、腸内細菌はドーパミンやセロトニンという

幸せ物質と呼ばれるモノを生成します。


これらの原料となるたんぱく質を摂ることも

腸を元気にするためには必要です。

 


善玉菌の餌になる食材

腸内環境を良化してヤセ菌を増やすには、

善玉菌と呼ばれるビフィズス菌や乳酸菌の数を増やすことが重要です。

 

そのためには善玉菌が増殖するために必要な、

餌となる食材を積極的に摂ることがポイント。

 

善玉菌の餌として一番なのが野菜や果物などに含まれる食物繊維です。

なかでも水溶性食物繊維は効果大です。

 

水溶性食物繊維は水に溶けやすい食物繊維のことですが、

海藻やオクラ、里芋などネバネバ系の野菜に多く含まれます。

 

あと、オリゴ糖も善玉菌が大好きな餌です。

バナナや玉ねぎに沢山含まれます。

 

餌だけ沢山摂取しても仕方がないので、

善玉菌そのものも積極的に摂取します。

 

手っ取り早く善玉菌を増やす方法としては、

ご存知の通り、ビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや健康飲料がおすすめです。


菌を生きたまま腸に取り込めるプロバイオティクスも有るので、有効活用しましょう。

 

 

腸内を掃除してくれる食材

腸内細菌が健康的に増殖していくには、

細菌が育ちやすい腸内環境を作ることが大切です。

 

女性に多いのが、腸内に食ベカスや細菌の死骸がいつまでも残るケース。

そうすると、腐敗菌を増殖させて、腸内環境の悪化に繋がります。

 

なので、この場合は不溶性食物繊維をたっぷり摂取します。

文字通り水に溶けにくい食物繊維のことで、腸内をきれいに掃除する働きがあります。

 

食材で言えば、椎茸やえのき茸などのきのこ類、大豆や小豆などの豆類です。

さつま芋や海藻類にも不溶性食物繊維が沢山含まれてます。