読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

腸内フローラの状態をキープできる激簡単な方法

腸の健康

f:id:tinyoko8:20160517214040j:plain

 

ヨーグルトや納豆で、腸内フローラの改善がある程度できたら、

次は、その状態をキープすることが必要なんだそうです。

 

ちなみに、腸内フローラの状態をキープする方法はとても簡単で

腸内細菌の餌となる食品を摂取すればOK。

 

その食品は発酵食品と食物繊維。

 

反対に、腸内細菌の働きを妨げる食材は

加工食品や飲み物などに使用されている人工甘味料、保存料、

あと合成着色料、香料などの食品添加物なんだそうです。

 

 

 

 

腸内細菌を助ける発酵食品の代表的なもの

発酵食品には、腸を元気にする多種多様な菌がたくさん含まれてるそうです。

たとえば、納豆には納豆菌、ヨーグルトにはビフィズス菌や乳酸菌。

他にも味噌や醤油には麹菌、チーズやキムチなどの漬物には乳酸菌など、

多くの菌が含まれています。

 

発酵食品を毎日食べ続けると、なぜ腸内細菌に良いかというと

腸内が酸性になって、善玉菌にとっては

増殖しやすい環境になるからなんだそうです。

 

加えて、腸内細菌が発酵食品を分解すると短鎖脂肪酸が発生するそうで

この物質は腸の働きをサポートする力があるみたいです。

 

なので、腸内フローラを良い状態に保ちたいなら

ヨーグルトや納豆で腸内細菌を補充しつつ、

発酵食品でその細菌たちを増殖させる

ということを日々やっていくことが大切です。

 

毎回の食事に、何かしら1品の発酵食品を加えるダケで

良いそうなので、簡単ですね。

 


腸内細菌の餌として機能する食物繊維

食物繊維は、腸内の善玉菌の餌となって、

腸内細菌を活性化させる役割があるそうです。

 

食物繊維が腸の蝿動運動を促して

便通を良くすること誰もが知ってることだと思いますが

腸内の善玉菌の餌になることは余り知られてないようでです。

 

ちなみに、食物繊維の摂り方には注意が必要です。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類の食物繊維があります。

 

どちらも腸内細菌の餌となり得ますが

不溶性ばかり摂取してると、腸の中で便が詰まりやすい状態になるそうです。

 

そうなると、せっかくの腸内フローフにも悪影響が出てしまうので

不溶性食物繊維に偏らないように気をつける必要があります。

 

水溶性食物繊維を多く含む食材として、代表的なのが押し麦です。

米に混ぜて炊飯器で一緒に炊けば、簡単に摂取できるのでお勧めです。

 

押し麦に含まれる食物繊維

水溶性食物繊維:6.0g/100g

不溶性食物繊維:3.6g/100g

 

 


腸内フローラを保持するのに最適な食品群

腸内フローラの状態を良くして、かつキープするための食材を調べました。

どれも一度は食べたことのある食材だと思います。

 

これらの何れかを毎日必ず口にすると

腸内フローラを健康な状態でいつまでもキープできるそうです。

 

 

味噌

乳酸菌や麹菌が沢山含まれてる、

古くから日本人の腸の健康を支えてきた食材。

酵母の力で活性酸素を抑え、免疫力も上げてくれる。

 


塩麹

米麹に塩と水を混ぜて発酵させた調味料で、乳酸菌を多く含んでる。

腸内環境を整えてくれるし、酵素で美容にも効果がある。

 


酢酸

腸内を酸性に保ち、善玉菌を働きやすい環境に整えてくれる。

腸がアルカリ性に傾くほど悪玉菌が増えるので、

酢酸は腸内環境を整える上でとても重要。

 


納豆

腸が喜ぶ食材の中でもトップクラス。

腸内細菌のバランス維持に重要な日和見菌を多く含む。

さらに、腸内細菌の餌となる食物繊維やミネラルビタミンも豊富。

 


ヨーグルト

商品によって含まれる菌が違うので、

自分に合う善玉菌を見るけることが大事

 


漬物

実は、ビフィズス菌や乳酸菌など、腸に効く菌が豊富に含まれる食品

 


チーズ

ナチュラルチーズのほうが乳酸菌の活力は上。

塩分や脂肪分が多いので摂りすぎには注意が必要。

 


キムチ

韓国のお漬物なので、当然キムチにも乳酸菌が沢山含まれている。

腸内を酸性にして、善玉菌が増殖しやすい環境にしてくれる。

キムチの原料の野菜は食物繊維も豊富。