読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

肝臓病の人は喫煙しちゃダメ!本当にヤバイ

肝臓の健康

f:id:tinyoko8:20160517214626j:plain

タバコはお酒より肝臓に悪いです。

タバコの煙は肝臓に影響があります。

 

唾液とともに飲み込まれ、食道、胃、腸などの消化器をはじめ

全身に運ばれて、肝臓にも届きます。

 

タバコの煙が肝臓に悪い理由は、

ニコチンが血流を悪くするからです。

 

 

ニコチンは、副腎皮質から分泌されるアドレナリンの量を増やし、

強いストレスを受けたのと同じ状態をつくり出すので

多くの血液を必要とする肝臓には深刻な状態になります。


ニコチンそのものにも、血管を収縮させる作用があるため、

肝臓への血流は、一層に悪くなります。

 

 

飲酒中にタバコを吸うと、アセトアルデヒドの害が倍になる

タバコにも、アセトアルデヒドが含まれてるからです。

 

飲酒で体内にアルコールが入ると、肝臓で分解処理されます。

そのとき、アセトアルデヒドが発生します。

 

アセトアルデヒドは毒性の強い物質で、

悪酔いや二日酔いの原因になります。

 

更に、肝臓にもダメージを与えます。

 

喫煙すると、体内にアセトアルデヒドが増えてきます。

よって、飲酒しながらタバコを吸うと、

アセトアルデヒドの害が倍になることを意味します。

 

タバコも吸ってお酒も飲む人は、

そこの部分を強く意識する必要があります。

 

 

ニコチン依存を断ち切るには喫煙外来を利用するのも方法

タバコの煙は自分だけでなく、家族や周囲の人にも悪影響を与えます。

 

害しかない何のメリットもないタバコは、

止めることができれば、それが一番良いです。

 

ですが、ニコチンには依存性があります。

禁煙を決意しても長続きしない人が多いのは既知のことです。

 

ですが、禁煙を達成できた人がいることも事実です。

 

最近はニコチンガムやニコチンパッチを用いて、

禁煙指導する医療機関も増えてきました。

 

本気でタバコを止めて肝臓の回復に努めたいなら

そうした禁煙外来を利用することも視野に入れて下さい。

 

一人で頑張るより、断然、きっぱりやめれます。

 

 

ストレスは肝臓病を悪化させます

お酒、たばこが欲しいと思うとき、

一番多いのがストレスにを受けてる時です。

 

ストレスは、肝臓を傷めつける活性酸素を発生させます。

ストレスが人体に及ぼす影響は大きいというのは

何となくわかるけど、具体的に何かと聞かれると難しいですよね。

 

ストレスによる体調不良で、代表的なのは

胃、十二指腸潰蕩、高血圧、脳卒中ですが、

肝臓に与える影響も意外と大きいんです。


ストレスが大きいと、副腎皮質からアドレナリンが分泌されます。

アドレナリンは活性酸素を生成します。

 

活性酸素が生成されると、肝細胞の毛細血管で行われる

栄養と老廃物の交換がスムーズにいかなくなります。

 

これは肝臓にとってダメージになります。

肝障害の助長に繋がる可能性も出てきます。

 

肝臓は、正常に機能する過程で活性酸素をつくり出してしまうため、

もともと活性酸素の害に常に晒されてる状況です。

 

そこに、ストレスによって生み出された活性酸素も加わると

肝臓へのダメージは、より大きくなってしまいます。

 

 

心の持ちようで肝臓への負担が変わる

ストレスを引き起こすものをストレッサーと言うそうです。

 

ストレッサーには、騒音などの環境的なもの、睡眠不足などの身体的なもの、

人間関係といった精神的なものがあります。

 

何に対して一番ストレスを感じるかは個人によりますが

人間関係にストレスを感じない人はいないと思います。

 

実際に、ストレスで肝臓が悪くなった例をあげると

慢性肝炎の患者さんの検査数値が急に悪化したので

お医者さんが診察したところ

隣に引っ越してきた人の言動がずっとストレスで

それにより肝臓へおダメージが続いていたのが分かったそうです。


反対に、半年前と比べて肝臓の検査数値が明確に改善した人がいて

主治医がその人に話を聞いてみると、は宝くじが当たったそうで、

金銭面の悩みが多少解決したそうです。

それによりストレスが減って、肝臓の回復が進んだんだとか。


なので、肝臓が悪い人にとって

ストレスのコントロールは非常に大切なことになります。

 

 

前向きな考え方と上手な解消法が肝臓をストレスから守る

心の持ち様で、肝臓の回復度合いが変わります。

 

肝臓病になったら、最初は落ち込むかもしれませんが

何時までもクヨクヨ思い悩むと、ますます肝臓にダメージが行きます。

 

肝臓病はガンのように、

ある日突然、死の宣告が来るわけではないので

肝臓病を治すために気持ちを切り替えてください。

 

ストレスを感じてるなぁ、と思った時に、

逃げることだけを考えてても、問題は解決してないので

また同じストレスに苛まれるかも知れません。

 

なので、先ずは受け入れます。

そして、どうするのが自分にとって一番良いのかを

お医者さんや家族と一緒に前向きに考えて下さい。

 

これが、ストレスと上手に付き合う事に繋がります。

 

もう1つは、自分に合ったストレス解消法を見つけて下さい。

お酒は、肝臓にダメージを与えるだけなので困りますが

映画や音楽、美術の鑑賞、旅行、スポーツ観戦など、

それをやってると心が落ち着く~。没頭できて、他の事を忘れていられる~

というものを、何か一つ作りましょう。

ストレスを和らげてくれます。


ストレス対策というのは、ストレスと上手く付き合う事、

ストレスを上手く発散する事、この2つで決まります。

 

是非、自分にぴったりのストレス対策を作り出して

そして、肝臓病を治していってください。