健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

ウイルス性肝炎の種類と症状、感染経路を調べてみた

肝障害の80%がウィルス性肝炎って知ってた?

肝障害の80%がウィルス性肝炎

 

 

肝障害の80%がウィルス性肝炎って話を聞いて、

 

「てことは、ウイルスの感染を防げば、規則正しい生活してれば

肝炎にはならないってこと?」

 

って考えたら

 

「そういえば、ウイルス性肝炎って何種類あるんだっけ?」

 

と疑問が沸いてきたきたので、

ウイルス性肝炎の種類と、あと症状と感染経路を調べてみました。

 

 

 

ウイルス性肝炎の種類

現在、脂肪肝を除いた日本人の肝臓病の80%は、

ウイルス性肝炎だそうです。

 

肝炎ウイルスは今のところ、6種類が確認されてるそうです。

A型、B型、C型、D型、E型、G型の6種類。

 

ただ日本ではD型、E型、G型にかかる人は稀だそうで

ほとんどがA型、B型、C型だそうです。

 

これらのウイルスに感染し、持続的にウイルスを持ってる人を

専門用語でキャリアと言うそうですね。

 

全国に推定で400万人以上と聞いて、

意外に多くて、少しびっくりしてます。

 


ちなみに、キャリアだからといって、

必ず発症するわけではないそうです。

 

ただ、自分がウイルス性肝炎のキャリアか否かを認識しておけば、

発症につながる行動を止めることができると思いました。

 

 


どの型のウィルス性肝炎も初期症状は似てる

ウイルス性肝炎は、2種類に分けれます。

急性肝炎と慢性肝炎です。

 

急性肝炎について

急性肝炎は、急に肝炎の症状が出てきます。

 

肝炎ウイルスに感染すると、

ウイルスは肝臓に棲息しながら活動する機会を狙ってます。

 

これを潜伏期といいます。

 

そして、いよいよウイルスが活動し始め、肝細胞を破壊し始めると、

肝臓はウイルスを排除するために、免疫反応を起こします。

 

これが急性肝炎が発症するまでの、大まかな流れです。

 

急性肝炎の症状は、どの型でもほぼ同様で、

かぜに似た症状で、倦怠感、食欲不振などがでてきます。

 

慢性肝炎について

慢性肝炎の場合は、急性肝炎が治りきらずに、

ウイルスの活動が6か月以上続く状態をいいます。

 

慢性肝炎の初期は、自覚症状を感じない人が殆どで、

症状も急性に比べて緩やかなので、肝炎が治ったと勘違いする人もいます。

 

肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎です。

長引くと、肝硬変へ進行してしまうケースがあります。

 

 

A型肝炎は、免疫がない若者によく発症する

A型肝炎ウイルスは、下痢を起こすウイルスに似てるそうです。

主に感染者の糞便から出たウイルスが、回りまわって口から入って感染します。

 

このウイルスに感染すると抗体ができるので、

一度かかれば、二度とかかることはないです。そこについては、一安心です。

 

また、すごく稀に劇症肝炎という、

非常に危険な状態になることがあるそうです。


若い人がかかり易い理由として、今の日本は、衛生環境が整ってるため

ウイルスが体内に侵入する機会が少なく、免疫が作られないケースが多い為です。

 

衛生環境が悪かった時代を生きた50代以上の人は、

既に免疫を保持してることが多いと、調査結果で出てるそうです。

 

なので、東南アジアやアフリカ等の発展途上国に旅行する若者は要注意です。

このウイルスに感染する人が目立つようになってます。

 

A型肝炎にかかると、風邪に似た症状が続きます。

 

そのあと、発熱、関節痛、食欲不振、吐き気といった症状がでます。

最終的には、尿が黄色くなり、黄だんが表れます。

 

A型の場合、急性肝炎を起こしてから早くて1~2週間、

遅くても2~3か月で治まるそうです。

 

治療も、初期段階で点滴を行う程度で、

通常であれば、安静にしていれば慢性化せず、肝機能が回復するそうです。

 

だからと言って、油断は禁物だなと思いました。

 

 

 

B型肝炎は、輸血や性行為で感染する場合がある

B型肝炎は、ウイルスのキャリアの血液や体液から感染し、

1~6か月間の潜伏期間を経てから発病することが多いです。

 

このB型肝炎の感染者のほとんどは、

免疫力が不十分な2~3歳までの乳幼児期に、母親から感染した人達です。

 

成人後は輸血や性行為、あるいは、覚せい剤の注射針や刺青などからでも

感染するケースが発見されてるそうです。

 

成人後は、免疫力が十分に備わっているため、

かぜに似た症状や食欲不振といった症状が出ますが

だいたい、2~3か月で治ります。その後、肝機能は正常化していきます。

 

ただ、強いストレスや疲労でたまたま免疫力が落ちている時に

B型肝炎ウイルスに感染すると、キャリアになる可能性が上がるそうです。


それと、最近になって、B型肝炎にもウイルスの型によっては

慢性化し易いことが分かってきたそうです。

 

慢性化したB型肝炎は、C型肝炎と同様に、

疲れやすいといった症状を除けば、ほとんど自覚症状はないそうです。

 

ですが、そのまま放置しておくと、

キャリアの約10%は肝硬変に移行するそうです。確立的に。


なので、40代を過ぎたら、定期的に肝機能検査を受けるべきです。

 

自分は、勤め先の健康診断では、必ず肝機能検査とガン検査は

オプションで受けるようにしています。

 

ちなみに、もしB型肝炎にかかったら、

治療の基本は安静と食事療法に、グリチルリチン製剤の内服や注射が加わるそうです。

 

ただし、症状が重い場合は、ウイルスの増殖を抑制する必要があるので

インターフエロン療法や、ステロイドリバウンド療法、

パラクルードなどの抗ウイルス療法、さらにはワクチン療法などが施術されます。

 

そうなると医療費も高額になってくるので

できれば、普段から免疫を高める食材をたくさんとって備えておくべきかと思います。 

 

 

 

C型肝炎キャリアの20%~30%が肝硬変や肝がんになっている

C型肝炎ウイルスも、B型と同様に、

キャリアの血液や体液から感染することが分かりました。

 

このウイルスに感染すると、

体の中で免疫反応が起こっても中和抗体ができないそうです。


つまり、いつでも体の中にC型肝炎ウイルスが残ってしまいます。

何種類かあるウイルス性肝炎の中でも、トップクラスの厄介者です。

 

ちなみに、中和抗体というものは、

ウイルスの外側のたんぱく質に対してできる抗体になります。

 

この抗体が正常に働くと、ウイルスを破壊することができます。

 

ただし、C型肝炎ウイルスは外側のたんぱく質の性格を次々と変えるそうで、

なので、他のウイルス型と違って、抗体がか効かなくなります。

 



日本では感染例が少ないE型、D型、G型肝炎ウイルス

肝炎ウイルスには、A~C型以外にも、

E型、D型、G型の3 種があるというのは前述のとおりです。

 

このうち、D型肝炎ウイルスは一番外側の殻を

B型肝炎ウイルスのたんぱく質を借りて形成するため、

B型肝炎ウイルスに感染している人でしか増殖することができません。

 

E型肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルスと同様に経口感染ですが、

日本で見かけることは全くないと言われてきました。

 

ですが、最近、原因不明とされた急性肝炎の中に

E型肝炎が散見されたという研究報告があったそうです。

 

それは、野生のシカやイノシシ、ブタの生焼けの肉

あとは、レパ刺しを食べて感染したケースなんだそうです。

 

なので、ジビエやレバ刺しが好きな人は

E型肝炎にも注意が必要ですね。

 

 

最後に、G型肝炎ウイルスも、

C型肝炎ウイルスに近い種類のウイルスと考えられてるそうですが

G型については、現時点ではっきりしたことが分かってないそうです。

 

 

 

以上が、ウイルス性肝炎の種類と症状

それと、主な感染経路です