読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

腸内フローラを改善してガン予防してくれる食べ物

ガン 腸の健康

腸内フローラの改善とガン予防

腸内フローラの改善とガン予防の両方に効く
食べ物が色々見つかってますね。

 

自分の今の食生活に組み込めそうな食べ物を

幾つか選んでみました。

 

 

 

味噌汁は乳がんの予防にいい

味噌汁が乳がんのリスクを減らすのは、女性の間では有名なんですね。
知りませんでした。。

 

味噌に含まれる大豆イソフラボンが
女性ホルモンに似ているためというのが有力説だそうです。

 

ちなみに、大豆、豆腐、納豆の摂取量では
効果に差が出なかったとの研究結果も出てますね。

 

でも、大豆イソフラボンのとりすぎは
ホルモン依存性の乳がんの発症や再発を促進するとの報告もあるそうです。

 

味噌汁から大豆イソフラボンが大量には摂れないので
つい飲みすぎて塩分の摂りすぎには注意が要りますね。

 

 


ひじきに発がん物質が混入することがあるって本当?

ひじきには、無機ヒ素が含まれていることもあるそうです。

 

ちなみに、無機ヒ素は肺がん、膀胱がん、皮膚がんなどの発症を

促進することが分かっている物質なんですね。

 

びっくりしました。

 

それで、イギリスでは、英国食品規格庁は英国民に

乾燥ひじきには高濃度の無機ヒ素が含まれていることがあるため、

食べないようにとの勧告を出してます。

 

 

でも、実は、ひじきの無機ヒ素は調理法で減らすことができます。

 

それが、日本の伝統的な調理法である「ゆでこばし」

これをやると、ひじきの無機ヒ素が減ることが分かっていて

無機ヒ素の摂取が問題のない量になるそうです。

 

調理法に要注意ですね。

 

 


コーヒーはがんの予防になるか?

コーヒーには肝臓の細胞の炎症を抑える効果があって、

ガンの原因となる肝炎や肝硬変が減ることで、

ガンも減ると考えられているそうです。

 

特に、肝臓がん、子宮体がんを減らす可能性が

高いという報告も出てるみたいです。

 

体がんの発症リスクは、週2日以下しか飲まない人に比べ、

毎日1~2杯飲む人は4割、毎日3杯以上は6割低いとか!

 

女性の大腸がんも毎日3杯飲むと3割下がるそうです。

 

ただ、膀胱がんリスクを上げる報告もあるそうで

やはり、飲みすぎは禁物ですね。

 

 


たらこ、漬物はがんと関係があります

たらこ、塩辛、漬物、練りウニなど塩蔵食品を毎日食べると

男女ともに胃がんの発症リスクが上がるのは確実といわれてますね。


特に、胃がんのリスクが2倍にだそうです。

食塩をたくさんとると、脳卒中や心臓病のリスクも上がりますよねー。


このニュースを見てから、漬物を控えるようにしました。

 

塩蔵食品や干物をよく食べる人は週1~2回以下に抑え、

料理は醤油や食塩を控えた薄味にすると良いそうですよ。

 

1日の塩分摂取量は男性で8g以下、

女性で7g以下に抑えるのが目安だそうです。

 

 

 

野菜、果物はがんを減らしてくれる

野菜と果物をたくさん食べる人は、全く野菜や果物を食べない人に比べて、

胃がん、肺がんの発症リスクが下がる研究報告があるそうです。

 

特に、食道がんを減らすのはほぼ確実だとか。

野菜や果物に含まれている物質が発がんを抑え、

食物繊維などが有害物質を体の外に出す解毒作用を高めるんだとか。

 

やっぱり、野菜と果物は積極的に食べて

腸内フローラ改善に努める必要がありますねー 

 

 

 

サプリメントのがん予防効果は?

逆に肺がんを増やすサプリも

野菜に多いβカロテン、ビタミンEは予防効果がありそうなイメージですが、

喫煙者が1日20mg~30mgの、大量のβカロテンのサプリを摂ると、

肺がんのリスクが上がるそうです。

 

同様に、ビタミンEをサプリを大量に摂取すると

肺がん、前立腺がんの発症リスクが上がることが

いくつかの研究で報告されてるそうです。

 

なので、サプリメントのみに頼るのは危険で

必要な栄養素は食品からも摂ることが望ましいみたいです。