読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

肝臓にいい食べ物と肝臓サプリの併用するためには

疲労困憊

最近疲れやすんいんです。35歳過ぎてから急に。

 

寝起きがすっきりしない、飲み会の翌日にお酒が残る、

肌のシミが気になる、そして何と言っても疲れが取れにくい。


この悩み、同じ30代、40代の人も持っているのでしょうか?


体の不調は精神の不調をも引き起こす原因となるそうなので、

改善したいと思います。

 

 

毎日目覚めがすっきりして、たまにはお酒も楽しく嗜み、

肌も艶やかに日々過ごしたいですよね?

 

 

でも、一体何をどうすればいいのか?

端的に答えられていたら、今悩んでいないですよね。

 

例えば、たくさん寝る、たくさん食べる、好きなことでストレスを発散する。。

どれも間違ってはいないのですが、根本的な解決ではありません。

でも、解決したいと思っているんです。

 

何事も改善にはその問題解決に見合うその人にあった方法が不可欠です。
今回こそ根本的な解決法を見つけ、快適な日々を過ごしていただきたいと思います。

 


今回、キーポイントになるのが『肝臓』という臓器です。

物事で重要なものを指すとき『肝心、肝腎(かんじん)』という言葉を使います。

 

まさに、人体に不可欠で最も重要な臓器が肝臓と心臓または腎臓である、

という意味からなった言葉です。

 

私が疲れなかった頃、というのはいつだったか?

 

ずーっと昔で思い出せないかもしれないですが、

小学生、中学生の10代の頃は疲れなど感じなかったはずです。

 

また、たとえ疲れたとしても一晩ぐっすり眠れば

翌日には疲れなど忘れて元気に走り回っていたはずです。

 

それは何故か?

 

答えは簡単。若かったからです。

 

 

私たちの体は休むことなく働き続けています、

そう10代の頃と同じ臓器が毎日まいにち動いているのです。


それは昔より使い古しているにも関わらず、

大人になってお酒を飲むようになったり、

仕事でストレスを感じる機会が増えたり、、

 

肝臓の仕事量が増えているのですから、

それは肝臓もつかれ果てて当然と言えます。

 

とはいえ、『はい、今日は「肝臓」一旦休憩!』

というわけにもいかないから困ったものです。

 

 

そこで私ができることは肝臓の機能をスムーズにするための

サポートだと考えました。

 

つまり、肝臓がどのように機能しているかを知り、

自分の生活習慣にあったサポートの仕方を見つける必要があると思ったのです。

 

 


世間では、肝臓にいい・・・と銘打って

様々なサプリメントを始め食材が有名ではありますが、

何がどこに何故効くのかを正確に知っている人を私は知りません。

 

今回は、様々な栄養素とその働きについて知り、

そしてどのようなものをどれくらい取り入れたらいいかを

具体的に書き進めたいと思います。

 

 

 

健康な肝臓

 

まずはじめに『肝臓』の働きについて知ることから始めました。

①『肝臓』の主な働き

肝臓の主な働きは代謝・解毒・胆汁の生成の3つです。

 

代謝・・食べ物から得た糖質、たんぱく質、脂質をエネルギーに変換します。

解毒(デトックス)・・アルコール、老廃物、薬など有害物質を無毒化します。

胆汁の分泌・・肝臓をデトックスする際に助けになる「胆汁」の生成・分泌をします。

 

したがって、「肝臓」ケアには上にあげた3つの機能への助けが必要です。

今回は「肝臓」に良い食品、サプリメントの「肝臓」への効能、

摂取用法を以説明していきます。概要は以下の通りです。

 

1、しじみのオルニチン効果が肝臓に良い食べ物と呼ばれる所以

オルニチンはしじみにしか含まれないの?オルニチンを含む食品と含有量、

摂取法について。(しじみの効能:解毒)

 

2、レバーに含まれる栄養素で肝臓に良い栄養素とその効果

レバーの取りすぎに要注意?!

万能食材レバーを摂取するときに必要な知識。(レバーの効能:代謝)

 

3、ゴマの成分セサミンが肝臓に良いと言われる理由

セサミンはゴマ特有の栄養素、

「肝臓」に直接届く?!その特別な効能とは?(ゴマの効能:解毒)

 

4、Lシスチンを含むサプリメントは肝臓の解毒作用をサポートできるか?

美白やシミそばかす予防だけじゃない

Lシステイン(Lシスチン)の偉大なるパワー(Lシスチンの作用:代謝)

 

5、肝臓に良いお茶の種類とそれぞれの効能について

ほっと一息つくブレイクタイムで差がつく肝臓ケア!

美味しくて肝臓にいいお茶はこれ!

①濃い緑茶で撃退!証明された「カテキンパワー」

 緑茶の効能:解毒、代謝

②ウコンはどのスーパーでも手に入る?!効果的面、これぞウコンの力!

 ウコンの効能:胆汁の分泌

③アスファルトに咲く黄色い花「たんぽぽ」のコーヒーで肝臓強化
 たんぽぽの効能:解毒、胆汁の分泌

 

6、肝臓検診のALTの意味と見方、ALTを正常に保つために気をつけること

肝臓検診での数値の見方教えます!

そして、病気になる前にあなたが今できることは?

 

7、肝臓検診のASTの意味と見方、ASTを正常に保つために気をつけること

肝臓検診の数値の見方、ALTとASTの違いと疑われる病気について。

 

最後に私たちの見た目がひとりひとり違うように、

私たちの臓器も人それぞれです。


だからこそ、自分に合った方法を見つけることに意味があります。

 

この記事をよんで、普段の自分の食生活や生活習慣を見直す機会を持ち、

なにかひとつでも始めていただければ、

きっと2週間後、一ヶ月後に疲れにくくなった自分に出会えると思います。