読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康なおじさんを目指す

中年男性の健康がテーマです。

腸内フローラ整えるための3つのアプローチ

腸の健康

腸内フローラを整える

腸内フローラを整えるためには腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

この腸内の菌を増やすことを育菌と呼んだりします。

 

この育菌について、どういった方法があるかと言うと
主に3つのアプローチが考えられます。

 

 

育菌その1:菌を投入する

乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食品を摂取して、腸内フローラを整える善玉菌を腸に送り込む方法です。これにより腸内フローラでの善玉菌の割合が次第に増えていきます。

 

食べた菌は腸に定着することはありませんが、毎日継続して食べると、腸内環境が改善していきます。ちなみに、特定の乳酸菌は美肌やダイエットにも効果があるそうです。

 


育菌その2:菌にエサを与える

腸の善玉菌を増やすために、菌にエサを与えます。
腸内フローラを整えてくれる細菌のエサには、食物繊維が一番です。

 

野菜や果物に多く含まれる食物繊維は、人の胃や小腸では消化・吸収ができない為、大腸まで届きやすい事が一番である理由です。


ちなみに、野菜、果物、海藻などに多い水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなった際に短鎖脂肪酸が作られ、脂肪蓄積を抑制する効果もあるそうです。

 


育菌その3:腸を掃除する

腸の掃除とは、大腸に滞留した不要な排泄物を体外に出してあげることを言います。
食物繊維の少ない食べ物ばかり摂取していると、便の塊が作れずに、不要な排せつ物が滞留しやすくなります。便秘の原因です。

 

そこで、便をかさ増ししてくれる不溶性食物繊維を多くとることで、便が体外に出やすいよう環境を整えることが大切です。腸を刺激して排せつを促してくれるエクササイズも良いですよ!

 

 

味噌汁で腸内の善玉菌を増やす

この3つのアプローチを全てこなしてくれる食べ物があります。

腸内の善玉菌を増やす食物繊維と乳酸菌、その両方を持っている食べ物とは

 

実は味噌汁なのです。

 

味噌に乳酸菌が含まれることは、実は余り知られてません。
味噌には乳酸菌が含まれ、毎日食べることで腸内の善玉菌が増えていきます。

 

味噌汁を作るとき必ず加熱するので、このとき熱に弱い乳酸菌は死んでしまうのですが
育菌その2で説明した、腸内にある善玉菌のエサになってくれるんです、乳酸菌は。

 

また、味噌の主原料である大豆と麹に多く含まれる食物繊維も、言わずもがな善玉菌のエサになります。ダブルの働きで善玉菌が増えるという訳です。さらに、味噌汁の具を食物繊維がたっぷりの海草やキノコにすれば善玉菌のエサになる食物繊維が更にアップします。


具材の組み合わせで腸の育菌効果を高められるのも、味噌汁の醍醐味でありメリットです。海藻、キノコ、野菜の組み合わせがベストで、この3つの食材はどれも食物繊維を沢山ふくみます。この組合わせの味噌汁を飲むと、腸の調子が整う人が多いですね。


味噌汁作るのは面倒という人には、お湯を注いで1分でできるダシ不要の
簡単な味噌スープがおすすめ。

 

食物繊維が豊富な食べ物を手ごろなサイズにカットしてお椀にいれ
味噌をスプーンですくって投入し、あとはお湯をかけていただくだけ。
味噌を溶かしながらいただきます。

 

普通の味噌汁と違ってお湯をかけるだけなので、入れる食材は
生でも食べれる材料を選ぶのがポイントです。