雪山登山の注意点!入門コース、日帰り中心の初心者も必読!!


雪渓を安全に快適に歩く方法

雪渓とは、溶けずに夏まで残っている雪のことです。

夏の登山では、雪渓が楽しみの一つになりますが、スノーブリッジが崩れたり滑落したりして、遭難することもある非常に危険な場所です。

雪渓の歩き方には2種類の方法があります。




キックステップとアイゼン歩行です。

キックステップとは、ピッケルを使って片足で斜面に立ち、もう片方の足のつま先を思い切り蹴り込むようにする方法です。

つまり、雪につま先を突き刺して足がかりにします。

つま先を指すのは登りの場合のやり方で、下りの場合はつま先ではなく、かかとを蹴り込みます。

このステップが完璧にできるようになると、山の歩き方がとても上手くなります。

一歩一歩を確実に進めるこの歩き方をマスターすることで、雪のない普通の道でも確実に歩けるようになるからです。

アイゼン歩行の場合は、足の全体が雪面に刺さるように平行に置くのが基本となります。

ちなみにアイゼンは、夏の雪渓では4本爪のもので充分でしょう。

登りの場合は少し足首を曲げるようにし、下りの場合はつま先から足を下ろします。

雪渓を歩くときは他の道と違って、転ぶと転落などの大事故につながりやすくなります。

いつも以上に慎重に一歩一歩進むようにしてください。





雪山の登山でおすすめはアイゼン

危険が多い冬の山も、技術さえ身に付けることができれば楽しい登山ができます。

安全に冬山を登るためには、アイゼンは不可欠です。

低い山だからなくても大丈夫だろうと高を括ると命取りになります。

例え低い山であっても、アイゼンなしで雪道を歩こうとすれば、滑ってとてもまともに歩くことはできません。

日なたの雪はまだ登山靴でも何とかなりますが、日陰の雪は凍結して氷のようになっているため、アイゼンなしで歩くのはとてもですが不可能です。

滑って転ぶ程度であればまだましですが、滑って転がり落ちたりすれば怪我だけでは済まない可能性さえあります。

何度も登ったよく知っている山だとしても、決して雪山を甘く見ないようにしてください。







登山技術は実際に登山をしながら身に付ける

冬の雪山はアイゼンを付けてさえいれば大丈夫!というわけではありません。

滑らないように歩くためには、アイゼンを地面に平行になるように着地しなければならず、これがなかなか難しいものです。

慣れるにはそれなりに時間がかかります。

そこで、アイゼンを付けた状態でバランスが取りにくいときは、ストックを1本用意しましょう。

ストックはかさばるので持って行くのはちょっと…というときは、携帯に便利な伸縮自在のストックも販売されています。

ストックではなくピッケルで代用できないかと思うかもしれませんが、低い山の場合はストックの方がいいでしょう。

アイゼンを装着して歩く際に注意しなければならないのは、歩いているうちにだんだんと雪が団子状にくっ付いてくることです。

放置しておくとスリップしやすくなるので、ストックなどを使って早めに除去しておきましょう。

雪山を歩くときに特に注意しなければならないことは、雪が積もるとルートがわからなくなってしまうことです。

短時間に大量の雪が降った場合は特に、あっという間にルートを隠してしまいます。

ルートが雪でわからなくなってしまったときは、焦ってむやみに歩き回るのは避け、落ち着いて枝に付けられた赤いリボンや布を探しましょう。

目印を見つけられない場合は、よく見ると登山道は少し窪んでいることがあるのでそれでわかることもあります。

冬山の登山の際に注意しなければならないことは他にもあります。

山小屋に一泊する予定を組んだ場合は、山小屋が本当に営業しているか必ず事前に確認してください。

ガイドブックやホームページなどに年中営業していると書いてあったとしても、予約が少なければ営業をやめている場合もあるからです。

山小屋を予約する際には、予約のついでに山の状況も聞いておきましょう。

冬山では、寒さで水場が凍って使えなくなることがあります。

水が使えないとなると困るので、あらかじめ多めに水を持っていくか、雪を溶かして使うしかありません。





雪山登山で危険なのは下り

そして雪山登山では、怖いのは登りよりも下りです。

雪がアイスバーンになっているときは必ずアイゼンを装着し、三点確保で下山してください。

下山を急いで休憩もせずに一気に歩いたりせず、定期的に休憩を取りながら進みましょう。

登山のときよりも休憩を多めに取り、焦らずに下山してください。

また体を冷やさないように、ヤッケなど上着を1枚多く着るようにしてください。

予備の上着は荷物からすぐに取り出せるようにしておきましょう。

順調に下山でき、下山口が近くなって来ると油断しがちになりますが、ここで改めて気を引き締めてください。

日が当たって雪が溶け始めたり、落ち葉が水を含むと非常に滑りやすくなるからです。

そんな湿った雪の上で転んでしまうと、服が濡れて風邪を引きやすくなるので、転ばないようによく注意してください。

ピッケルの使い方は独学ではなく、きちんと信頼できる講師から教わりましょう。

ピッケルがきちんと使えなければ、いざというときに身を守ることができません。

冬山の登山は、経験の豊富さが登山の成功を左右します。

冬山を登るときは、その山小屋の主人に連絡を取り、最新の山の情報を聞いてください。

今どのくらいの雪が積もっているかを聞き、さらに雪崩の恐れはないか、アイスバーンになっていないかなどをあらかじめ聞いておくことができれば、事前に準備しておくことができます。

山小屋の主人は誰よりも山に詳しく、非常に有意義な情報を持っています。

ガイドブックも良いですが、生きた情報を得ることも大切です。