健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

緑内障の疑いが20代、30代で増えてるそう

緑内障の疑い



緑内障の疑いが20代、30代で増えてるそうです。


昔は40代以降の中高年で発症する目の病気というイメージでしたが、若年性緑内障が原因で失明する若い人が出てきてるそうです。


緑内障はどういう病気で何が原因で起きるのか、整理してみました。

緑内障の概略

緑内障白内障と同じくらい患者数の多い眼圧によって引き起こされる目の病気だそうです。


現在、およそ197万人近い患者がいるとみられてるそうで、日本の40歳以上の約30入に1人が緑内障を発症してる計算になるんだとか。


30人に1人は凄いですね(汗)かなりの確立です。


40歳を過ぎたら、誰でも注意する必要があると言われるのはこのためですね。


世界を見ても先進国においては、常に失明原因の上位にあげられる病気が緑内障だそうです。


ちなみに、病名に「緑」という文字が入ってるのは、緑内障で失明した人の中に瞳孔が青緑に見える例があったためだとか。

ただ、日本人で瞳孔が青く見えることはほとんどないそうです。


緑内障という病気は、原因は色々あるそうですが、眼圧が異常に上昇することで視神経を圧迫して、徐々に視神経を侵していく病気です。


眼圧が高いと眼圧を下げなさいと人間ドックなどで注意されるのは、このためです。


緑内障は、眼圧が下がらすに症状が進行していくにつれて、視野欠損や、視力低下を起こしたりします。


ご存知かもしれませんが、視神経は再生できない器官です。


視野や視力は一度失われると、二度と復活しません。


これこそが、緑内障が恐れられてる理由だそうで、なので、早期発見と早期治療が声高に言われてるわけですね。




緑内障の種類

緑内障の原因には先天的なものと後天的なもの、更に他の病気が引き金になって発症する3タイプと、近年に患者数が増えている眼圧が正常なのに緑内障の症状が出る4タイプがあるそうです。


「先天性緑内障」「原発緑内障」「続発性緑内障」「低限圧性緑内障」の4つつです。


先天性緑内障

先天性緑内障は、生まれながら目に異常があるケースです。


具体的には、房水が流出する極細の管に生まれつき異常があるケースです。


殆どの場合は乳幼児期に発病してるそうです。


この場合の改善手段としては、房水の出口の隅角を手術して広げることが必要と言われてます。



原発緑内障

原発緑内障は、後天的な原因で発症するケースとのこと。


緑内障の中では一番多いケースだそうで、殆どが加齢が原因で眼圧が上がることで発症するんだそう。


中高年期に発病します。


そして、原発緑内障は2通りあります。


1つは「広隅角性緑内障」、もう1つは「狭隅角性緑内障」なんだそう。


広隅角性緑内障は、隅角にある「隅角繊維柱帯」という部分の機能が低下し、房水が外に出難くなって発生するそうです。


もう1つの狭隅角性緑内障は、隅角それ自身が塞がってしまって発症するものだそう。



前者の広隅角性緑内障だと、症状の進行具合はゆっくりだそうですが、後者の狭隅角性緑内障は、発作的に症状が出るとのこと。


もし、狭隅角性緑内障の場合は、失明の危険が非常に高いそうで、緊急手術などで治療をしないと駄目だそうです。


対して、前者の広隅角性緑内障は大丈夫かというとそうではなくて、進行がゆったりなので自覚症状が薄く、気づいた時には手遅れというケースが多いとのこと。



続発性緑内障

続発性緑内障は、角膜炎や白内障など、他の病気に起因して起こるそうです。


続発性緑内障の場合、先天性緑内障原発緑内障と違って、原因と思われる症状が治療できれば、緑内障の症状も改善されるケースが多いそうです。



低限圧性緑内障

4番目のタイプの「低限圧性緑内障」は、最近患者数が増えているケースで、眼圧が正常にも関わらず緑内障の症状が出るものだそうです。


根本原因は加齢ですが、後天性緑内障と異なるのは組織が硬化することで視覚異常が起こる点です。


厄介なのは、自覚症状がほとんどないそうで、知らないうちに失明してしまう可能性があること。


非常に恐ろしい病気として近年認識されつあるそうです。




眼圧の上昇は何が原因か

緑内障が起こる眼圧上昇の原因の1つである房水は、眼球内でつくられて水晶体などに栄養を供給した後、隅角という部分から排出されるそうです。


この房水の排出機能が加齢などで上手に機能せず、房水が目の中に滞留してしまうと、眼球の圧力が高くなってしまうとのこと。


前に述べたとおり、緑内障の症状の進み方が急性の場合、最悪の場合は数日で失明する実例もあるとのこと。


慢性の場合は、だいたい数十年かかって徐々に症状が進行するとのこと。


気づかないと症状は進行し続けて、徐々に視野が狭くなるそうです。


末期だと周辺部が殆ど見えず、中心部しか見えなくなるんだとか。


それでも治療しないと、最後には失明に至ることもあるそうです。




緑内障の治療法

緑内障の一般的な治療としては、最初に薬で眼圧を平均値にまで下げる治療を行うそうです。


ここで使用する薬は、点眼薬と内服薬になります。


緊急を要する場合は、注射して眼圧を下げるとのこと。


それでも効果が十分でず眼圧の低下が見られない場合は、手術やレーザー治療を行うそうです。


手術の場合は房水の滞りが原因ですから、房水がきちんと流れるように通路や出口を広げるといった内容になります。


レーザー治療の場合も同様で、房水の流れを改善するために行うとのこと。


緑内障を発症していないのなら、家庭療法で眼圧が改善するケースもあります。眼圧を下げる方法


緑内障は適切に治療しないと、失明のリスクが非常に高いことは前述のとおりです。


事実、日本人の失明原因の1位は緑内障なんだそうです。


おかしいなと感じたたら、直ぐに眼科で検査を受けるように、心がけたいものです。


ちなみに、ルテイン配合エキスに緑内障の改善効果が見られたようです。ルテイン配合エキスで白内障・緑内障が治るか臨床試験を実施




アスタキサンチンにも眼病の改善効果が期待されてるようですよ。アスタキサンチンの効果で目にいい毎日を