健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

中性脂肪が低い人はだいたい有酸素運動してる

中性脂肪 有酸素運動

中性脂肪が低い人は意識して有酸素運動をしてる場合が多いです。


ウォーキング、自転車、水泳、ジョギング、軽い筋トレを年齢に見合った運動量を定期的に行うことで中性脂肪が増えるのを予防する。


或いは中性脂肪を下げる効果が期待できます。

有酸素運動を習慣すれば中性脂肪は減ってくれる

中性脂肪を減らすには、食生活を改善することはもちろんです。


同時に、日常の中で運動をする習慣つけて、身体に溜まっている中性脂肪をエネルギーとして消費するということも同じくらい重要です。


でも、いくら運動が欠かせないからといって、やみくもに運動しても効果は期待できないそうです。


中性脂肪が気になる年齢はだいたい中高年。


無理をすれば、体をこわしてしまうこともあります。


あと、中性脂肪値の高い人は、どちらかというと運動嫌いの傾向がありますよね。


嫌いな運動をするので、なるべく中性脂肪を減らす効果を限界まで得たいと思う人もいるかと思います。


運動の効果をできるだけ高めるには、どういった運動をどれくらいの量やれば、中性脂肪を下げる効果を効率よく得ることができるのか、ちゃんと学んでおくのは大事かと思います。




運動には無酸素運動と有酸素運動の2種類がある

殆どの人がご存知と思いますが、運動には無酸素運動と有酸素運動がありますよね。


無酸素運動は、短距離走や重量挙げといった、呼吸を止めた状態でて短時間で行う激しい運動を指します。


無酸素運動の場合、筋肉そのものに存在する糖質をエネルギーに変えて行うので、中性脂肪は全く消費されないです。


対して、ウォーキングなどの呼吸をしながら長時間かけて行う有酸素運動は、体内の脂肪とブドウ糖をエネルギーに変えて行います。


なので、中性脂肪を減らしたいなら有酸素運動になります。


有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング以外だと、ジョギング、自転車、水泳、エアロビクス、ダンスがありますよね。


有酸素運動は、上記のどの運動を選んでもOKです。


毎日続けやすくて、かつ自分が好きな運動にすると長続きすると聞きます。

個人的には、手軽さと体への負担考えると、ウォーキングがいいかなと思います。


あと、有酸素運動は運動を始めてから20分~30分経たないと脂肪が燃焼し始めないと聞いたことないですか。


あれ、本当のことだそうです。


なので、やり始めは身体を慣らす意味でも、1日30分~1時間を目標にウォーキングすると良いかと思います。


最初から長い距離を歩こうとせずに、まずは習慣づけることをしてみて下さい。


例えば、隣の駅まで歩くとか。一駅手前で下りて歩くとか。


帰宅途中にウォーキングを取り入れるのが、一番簡単で手っ取り早いかと思います。


色々試してみて下さい。



運動始めて直ぐに脂肪が減るなら成人病は存在しない

運動を始めてから脂肪が燃焼し始めるまで30分は必要というのは前述のとおりです。


運動を始めると、最初に筋肉のグリコーゲンが消費されます。


次に血液に含まれるぶどう糖がエネルギー源として消費されます。


最後に、血液中の遊離脂肪酸と呼ばれている、中性脂肪が変化した状態のものが消費されていきます。


というわけで、中性脂肪が遊離脂肪酸となって使われるのは、順番的に後ろのほうなので、運動の種類と強度で多少変わってきますが、運動始めてから結構な時間が必要になるわけです。


何が言いたいかと言うと、自分では相当の量の運動をしたという感覚であっても、中性脂肪の燃焼量としてはそこまでないという事です。


中性脂肪1g当たりを熱量(cal)換算するとおよそ9kcalだそうです。


ただ、人間の体内に蓄えられてる中性脂肪は水分を含むため、そうすると1g当たり7kcalです。


それで、例えば体重60kgの男性が時速4.8kmの速さでウォーキングするとします。


このウォーキングで中性脂肪を1kg落としたいとしたら、約26時間ウォーキングし続ける計算になるそうです。


毎日ウォーキングを30分間、7日間連続でやってみたけど体重が全く減らないんだよね、、と残念がる人もいますが、上記の計算結果を見ると納得してくれるかと思います。



運動療法の効果は長い目でみること

1か月に1kgの中性脂肪を落としたいとしたら、1日1時間のウォーキングを26日間続ける計算になるという話をしました。


26日間休みなしにやって、1か月で中性脂肪1kg減を達成する計算です。


正直、もっと減ってもいいのにと思いませんか?


でも、これが現実です。


1日1時間歩いても、1か月で1kgしか減らせないんです。


もっと減らしたいなら、歩く時間を増やすか、ウォーキングではなくてもっと運動強度の高い有酸素運動に変えるしかありません。


運動療法は長い目でみることが大事というのは、こういうワケなんですね。

ただ、このまま6か月継続すれば、6kgの中性脂肪を減らせるという計算です・。


1年間続けると、12kgの中性脂肪を落とすことが可能という計算です。


12kgの減量と聞くと、凄いと感じませんか。


実際には、もっと中性脂肪は減らせるかとおもいます。


運動を継続すれば徐々に筋肉量が増加しますよね。


筋肉は存在するだけでエネルギーを消費してくれます。


運動すればするほど筋肉量が増えてエネルギー消費量も増えるというわけです。


なので、1年もウォーキングを継続すれば足腰の筋肉量は絶対増えるので、12kg以上の中性脂肪を落とせるのではないかと思います。


こういった、中性脂肪を下げる運動も効果的です。


継続は力なりです。


頑張って下さい。