健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

中性脂肪が原因で起きる心臓と脳の病気

中性脂肪 心臓病と脳の病気


人間ドックで中性脂肪の値を指摘されて、今まで無縁だった成人病がイキナリ身近なものになってしまいました。


中性脂肪が原因で起きる心臓と脳の病気について調べてみました。

動脈硬化は血管を硬くし脆くする

動脈硬化は恐ろしい病気だという認識が世間一般に広がっているのは、生活習慣病の引き金になってるだけでなく、引き起こされた病気の重症度なのかなと思います。


動脈硬化はその名のとおり、動脈が硬くなる病気です。そして、硬くなった動脈は次第に脆くなって血管の詰まり、血管壁の破れによる出血の原因になるそうです。

動脈はご存知のとおり全身に酸素と栄養を届ける大切な器官の1つです。


健康への影響も甚大とのこと。


更に、動脈硬化は身体に存在する全ての動脈で発生し得るそうです。


仮に、心臓、脳といった人間の生命維持の根幹を担っている臓器の近くで動脈硬化が脳や心臓の近くで起きたら。。。


考えただけでも怖いですよね。


心臓や脳の近辺で動脈硬化が起きると、狭心症心筋梗塞などの心臓病、脳出血脳梗塞などの脳卒中という命に直結する重病のリスクが上がるそうです。




動脈硬化の原因は脂質異常症

動脈硬化を発生させる原因の1つと言われてるのが、脂質異常症だそうです。


脂質異常症は、血液中の中性脂肪コレステロールが正常値を大きく超えた状態のことです。


血液中の中性脂肪コレステロールが増加するこで発生する動脈硬化は、専門用語で粥状動脈硬化に分類されるとのこと。


粥状動脈硬化という症状は、血管の壁に脂肪分の塊がくっ付いて、徐々に血管内部を狭くしていく動脈硬化なんだそう。


粥状動脈硬化の症状が進行すると血管を狭めている塊が成長して、最後には血液の流れを梗塞してしまいます。


いわゆる、閉塞性動脈硬化症ですね。


粥状動脈硬化は心臓のまわりの冠動脈や脳動脈、腎動脈、頚動脈を中心に発生しやすいとのこと。


なので。粥状動脈硬化は、かなり危険度の高い動脈硬化として認識されてるようです。




一昔前までは、中性脂肪の粒子はコレステロールと比較すると断然大きいので、中性脂肪は血管壁に入り込むことができなくて、動脈硬化の直接原因ではないのではと考えられてきたとのこと。


ですが、近年になって幾つもの研究が成されると、カイロミクロンといったリポたんぱくの残り物であるレムナントは粒子が小さいので、、血管壁に入り込んで動脈硬化の原因となり得ることが分かってきたそうです。


昔は、動脈硬化の予防といえばコレステロールを如何に減らすかが論じられてきたようですが、中性脂肪の増加にも注意が必要ということですね。


動脈硬化の一歩手前の、高中性脂肪血症や高コレステロール血症と診断された人に多いのが、生活習慣病を合併するケースだそうです。


動脈硬化じゃないんだという油断が高血圧症や糖尿病といった厄介な生活習慣病に至るというワケですね。


動脈硬化ではないといって中性脂肪値の高い状態を甘く見てると、最終的には自分に返ってくるというワケですね。




高血圧と脂質異常症動脈硬化のリスクを高める

高血圧症と脂質異常症の両方の症状を持つと、その患者さんに対する動脈硬化の発症リスクは一段上がるそうです。


その理由について調べてみました。


血圧って何のことか説明しろと言われて、ちゃんと説明できる人は医療従事者ぐらいかと思います。


血圧というのは、文字どおり血液の圧のことです。


血液を全身に送り出すための圧のことです。


で、圧が必要以上に強いとどうなるかと言うと、血液が血管壁にダメージを与えるようになります。


一方、血液の粘度というものが存在します。


そして、血液の粘度は血圧に深く関係してるそうです。


サラサラした血液と、ドロドロとした血液。


体中に送るときに、どちらが力がより必要かというと、ドロドロした粘度の高い血液ですよね。


そうして、強く押し出された血液は、流れるときに血管壁により激しく衝突して、血管壁にダメージを与えることになります。


そうなると、血管壁に傷がつきやすくなり、動脈硬化が一段と進行してしまいます。


高血圧症と脂質異常症の両方の症状を持つと、動脈硬化の発症リスクが高まるのは、上記の2点が原因というワケです。


血管壁にダメージが溜まって傷が出来ると、粥状動脈硬化が進むという研究報告があるそうです。


粥状動脈硬化が進むと、前述のとおり血管の内部が狭くなって、血流が悪くなります。


血流が悪くなると、心臓が血液により大きな圧をかけて血液を押し出そうとするので、血圧は一層高まります。


こうなると、高血圧症と動脈硬化の負のスパイラルというやつです。


高血圧症と動脈硬化は各々の症状を悪化させていきます。


そして、最後には命を奪う結果になることも少なくないと言われてます。


高血圧症とドロドロ血液の間には、命を奪うリスクが深く関係していることを認識することが非常に大切とのこと。


高血圧症はサイレントキラー(沈黙の殺し屋)と呼ばれることは、健康に関するTV番組や雑誌などで目にしたことがあるかも知れません。


高血圧症がサイレントキラーと呼ばれるのは、本人の自覚症状がない状態で、気づかない内に動脈硬化が進行し、気づいたときには、脳卒中や心臓病で命を奪われる一歩手前のケースが多いからだそうです。


自覚症状の薄い病気をどうやって防ぐかというと、自己防衛以外には有効な手立てはないそうです。


血圧を自分自身、あるいは病院で定期的に測定し、正常範囲内にあるかを確認する。


血圧が異常値だったら、すぐに病院の先生に相談して、治療を行う。


定期的に測定してるのなら、血圧が異常値に振れても、割と簡単に正常値に戻せるとのこと。


中高年になったら、血圧を正常範囲内にコントロールすることが大切なんだなと思います。




狭心症心筋梗塞が家族にいる人は注意

狭心症心筋梗塞。歳をとっていくと気になり始める病気の1つですよね。


狭心症心筋梗塞は、虚血性心疾患と呼ばれる病気の代表的なものだそうす。


虚血性心疾患という症状は、心臓に酸素や栄養を運んでいる冠動脈の硬化が原因で、血液が十分に流れない状態、つまり虚血状態になったときに起こる病気のことだそう。




狭心症は大きく2種類に分かれるそうです。


①労作性狭心症と、②安静時狭心症


①労作性狭心症は、何か身体を動かしたときに、その動作が切欠となって発症す狭心症を指します。


②安静時狭心症は、①労作性狭心症とは反対に何もしていなくても発作を起こす狭心症なんだそう。


仮に狭心症の発作が出ると、胸の中央部を締めつけられるような痛みが起こるそうです。


更に、顎、首、左肩、左腕にも痛みを感じる場合があるそう。


これは、放散痛と呼ばれる症状で、人によっては背中、鳩尾に痛みを感じるケースもあるみたいです。


狭心症の痛み抑える方法として、世間一般によく知られてる方法が、ニトログリセリンかと思います。


ニトログリセリン舌下錠を服用したり、或いは前胸部にシップを貼ることで狭心症の痛みを抑制することが可能なんだそうです。


狭心症は、放っておいても5分~10分分後には落ち着いてくれます。


ただ、狭心症の発作の回数が多くなってきたり、発作の間隔が短くなってきたりすると、心筋梗塞の前兆の場合があるので、注意が必要です。




心筋梗塞というのは、冠動脈に血栓が詰まってしまって、酸素や栄養が送られなくなって、心臓の筋肉が壊死してしまう恐ろしい病気です。


心筋梗塞にも胸の痛みが起きます。


心筋梗塞の場合、狭心症より遥かに強い痛みがでるそうです。


そして、冷や汗、吐き気、めまいを生じさせるそうで、ひどいと意識を失ってしまうケースもあるそうです。


狭心症と異なり心筋梗塞の場合は、血管が完全に詰まっているため、安静にしても痛みは治らないという点です。


心筋梗塞の発作が発生した場合は、自分で或いは誰かに救急車を呼んでもらい、循環器の専門医のいる病院に運んでもらうことが必須とのこと。


心筋梗塞の場合、概ね発作から1時間~2時間で処置をしないと、命を失うリスクだ格段に上がるそうです。


中性脂肪コレステロール値が高い食事をしてる人、家族に心臓病の人がいる場合は、自身も心臓病になる確立が高いそうなので、特に注意が必要と言われてます。




閉塞性動脈硬化症は心臓病、脳卒中の前触れ

閉塞性動脈硬化症ってご存知でしょうか。


動脈硬化の一種で、全身の動脈が硬化して内径に細い部分があちこちに生じ、血流が滞りがちになるのが閉塞性動脈硬化症だそうです。


中性脂肪値が異常に高い高中性脂肪血症の患者さんや、高コレステロール血症、糖尿病、高血圧の患者さん、ヘビースモーカーの人も、この閉塞性動脈硬化症になりやすいんだとか。


閉塞性動脈硬化症は、特に下半身に発生しやすい症状と言われてます。


そして、進行具合が初期のうちは、強目の運動をしたときに足に痺れや冷感が感じられるそうです。


それから進行が進むと一定の距離を歩いていると足の筋肉に硬直や強い痛みが出始めて、最後には歩行が困難になってしまうとのこと。


ちなみに、閉塞性動脈硬化症による痺れ、痛みは、しばらく休憩するとまた歩行が可能になるそうです。




ちなみに、閉塞性動脈硬化症による足の痺れや痛みは、血流が滞って酸素供給が不足するために発生するとのこと。


症状がひどくなると、安静にしてる時でも足に痛みを感じるようになるそうです。


そして、血流が滞るということはバイ菌を倒す血液成分が供給されないということですので、小さい傷などが切欠となって、その部分が壊死する場合もあるそうです。


更に、閉塞性動脈硬化症と診断された患者さんの多くの場合、脳梗塞などの脳血管障害、狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症させるそうです。


脳血管障害や虚血性心疾患に見舞われると、命の危険、そこまでいかなくても、生活の質の低下を起こしかねない状態になる心配が出てきます。


閉塞性動脈硬化症の指摘を受けたら、それ以上の動脈硬化の進行を、できる限り防ぐ手立てをとることが必要といわれてるのはこのためです。





脳卒中に分類される4つの症状

脳卒中って厳密には病名じゃないんだそうです。


脳卒中は、総称なんだそうです。


脳の血管が破れたり、詰まったりして起こる脳の障害の総称を、脳卒中と呼ぶそうです。


で、脳卒中は大きく2種類に分かれるとのこと。


脳の血管が破れる①脳出血と、脳の血管が詰まる②脳梗塞です。



そして、②脳梗塞は、更に③脳血栓と④脳塞栓に分類できるとのこと。


③脳血栓という症状は、脳の動脈の硬化が原因で起きる症状です。


内腔が狭くなった部分の血流が悪くなって血栓が出来て、その血栓が段々と大きくなって最後には血管が詰まり、その先に血液が流れなって脳組織が壊死してしく怖い病気です。


一方、④脳塞栓は、心臓といった脳以外の臓器の周辺の血管内にできた血液の塊が血管内を流れてきて、脳の血管の狭くなった部分に詰まって起きる病気です。

ちなみに、脳梗塞は、加齢とともに発症リスクが上昇して、60歳以上の高齢者に多いとのこと。


更に、男性より女性のほうが脳梗塞のリスクが高いのも特徴なんだそうです。





脳梗塞には一般的には前触れと言われる症状があります。


頭痛、めまい、目のかすみ、手足のしびれ。特に手足が急に自由が利かなくなったというのは、前ぶれ症状としては世間一般で言われてると思います。


ですが、前ぶれが全くない脳梗塞もあるそうです。


一過性脳虚血発作と呼ばれる症状で、脳動脈の血流が一時的に途絶え、数分から1~2時間で回復する脳梗塞なんだそう。


血流が途絶えている聞は、手足のまひ、手足のしびれ、口のもつれ、めまい、物が二重に見えるといった視覚異常など色々な症状が出るとのこと。


一過性脳虚血発作も一時とはいえ血流が途絶えるワケですが、血流が再開すると回復するので、放置するケースも少なくないそうです。


ですが、一過性脳虚血発作は実は脳血栓症の前ぶれとのこと。


一般的には、一過性脳虚血発作が一度起きると、その後繰り返して何回か発生して、その度に脳血栓症の発症リスクが上がっていくとい言われています。


一過性脳虚血発作の原因は色々あるそうです。


激しい労働、精神的な興奮、寒さや暑さ、不規則な生活、睡眠不足、アルコールの飲みすぎ。


一過性脳虚血発作の怖いところは、発作をくり返すたびに症状が進んでしまうところだと思います。


一過性脳虚血発作を繰り返すたびに脳の組織が徐々に破壊され、最終的には認知症の原因になると言われてるそうです。




脳卒中の種類

脳梗塞
脳に栄養や酸素を送るための血管が詰まる症状。アテローム血栓性梗塞、ラクナ梗審、心原性脳塞栓症といった症状がある。


脳卒中による死亡の60%以上を占めるとのこと。



脳出血
脳の中の細い血管が破れて出血し、神経細胞が死んでしまう症状。脳卒中による死亡の約25%を占めるとのこと。



クモ膜下出血
脳をおおっている3層の膜(軟膜、クモ膜、硬膜)のうち、クモ膜と軟膜の間にある動脈癌が破れ、膜と摸の間にあふれた血液が脳全体を圧迫する症状。


脳卒中による死亡の10%強を占めるとのこと。



一過性脳虚血発作
脳の血管が詰まりが、24時間以内に回復する症状。脳梗塞の前ぶれ発作と考えられているそう。