健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

登山で足がつる、痙攣、捻挫、骨折をした時の対処法は知っておこう

登山での足の怪我

登山中の足の痙攣について


あまり休憩も取らずに、ついつい先を進んでしまいがちになるソロ登山。


適度に休憩を取らないままに登山を続けると、足が痙攣を起こしやすくなります。


ふくらはぎの筋痙攣の総称である「こむら返り」が起こると、立っていられないほどの激痛に見舞われます。

続きを読む

登山で雷に遭ったときの対策!天候悪化でビバークになったら!?

登山での雷の対策


雷に遭ってしまった場合には

ソロ登山の場合は危険を感じるとより一層不安になるものです。


登山中の危険の一つに雷があります。


雷に遭ってしまった場合、冷静に対処する必要がありますが、ソロ登山で落ち着いて行動するのはなかなか難しいことです。


山にはたくさんの危険がありますが、中でも雷は特に恐ろしいものです。

続きを読む

登山の基礎4選!初心者おすすめの山登り技術、知識より役立つノウハウ!

登山の基礎

登山者にとって不可欠な道標

山を歩くときは常に道標を意識していなければ、あっという間に迷子になってしまいます。


通常、ほとんどの登山口にある大きな案内板、これも道標であり、大まかなルートを把握しておくには最適なので、山を登る前に必ず見ておく必要があります。

続きを読む

雪山登山の注意点!入門コース、日帰り中心の初心者も必読!!

雪山の登山

雪渓を安全に快適に歩く方法

雪渓とは、溶けずに夏まで残っている雪のことです。


夏の登山では、雪渓が楽しみの一つになりますが、スノーブリッジが崩れたり滑落したりして、遭難することもある非常に危険な場所です。


雪渓の歩き方には2種類の方法があります。

続きを読む

登山の歩き方のコツ!山登り初心者におすすめ!

登山の歩き方のコツ

体力を温存しながら山を歩こう

山登りをするときの体力のペース配分は、登りで3分の1、下りで3分の1、残りを余力として確保しておくべきだと言われています。


登山を開始してすぐは、慣れない重い荷物に苦しみ、まだ体も温まっていないのでなかなか思うように動かず、何かと辛く感じるものです。


季節が夏だと暑さが追い打ちをかけ、流れる汗をぬぐうのも億劫に感じるほど。


自分は一体何が楽しくてわざわざこんな苦しい思いをしているのだろう?と疑問に思ってしまうこともありますが、でも、だからと言って途中で投げ出したりはしないものです。

続きを読む

ソロ登山にオススメのウェアと装備(夏と冬)!

登山おすすめウェア

ソロ登山にオススメのウェア 初夏~夏

初夏から夏にかけて、登山の際の服装で注意すべきなのは通気性の良い素材のものを選ぶこと。


暑さを逃がすため、風が通る素材の服を着る必要があります。


登山はサッカーや野球などのスポーツとは違って、命を守るためにたくさんの装備が必要となります。


すべての装備を一気に揃えようとすると、数万円では収まらないでしょう。

続きを読む

ソロ登山で山小屋泊!泊まり方と宿泊マナーについて!

ソロ登山で山小屋泊

ソロ登山の宿泊は山小屋から始めるのがおすすめ

ワンデイハイクを何度か体験し、ある程度ソロ登山に慣れてきたら、より長く自然と触れ合える1泊2日の登山にチャレンジしてみましょう。


その際、山での宿泊に慣れないうちは、いきなりテントを使うのではなく、安全で安心な山小屋を利用しましょう。


山小屋で、同じ趣味を持つ見知らぬ人々と出会ったり、会話を楽しむことも山小屋の醍醐味です。


そして山で夜を明かすことで、ワンデイハイクでは体験できなかった、美しい朝陽を拝んだり、夕焼けに染まる山々を眺めることもできます。


しかし、山小屋を利用するにはいくつか守らなければならないルールやマナーがあります。

続きを読む