健康な中高年を夢見て

健康な中高年になるべく、健康について調べたことを纏めています

ワキガ、体臭を治してみる。スメハラと言われる前に。

ワキガが臭くて辛い女性

1.電車で吊革つかんだら、隣の女性に眉をしかめられた

「先日電車に乗っている時につり革に捕まったら、隣の女性い眉をしかめられた。」


と、同僚が落ち込んでたので、力になろうと思い、ワキガや体臭を治す方法を色々調べてみました。

続きを読む

肝臓検査のALT値とAST値の意味と見方、正常値に戻す方法

f:id:tinyoko8:20160423150719j:plain

肝臓検査のALT値とAST値の意味と見方、正常値に戻す方法

1.肝臓検査の数値の見方ってチンプンカンプン

人間ドッグの肝臓検査で、数値が悪い方向に振れているようで、かなりショックを受けてます(汗



それで、検査結果をじっくり読もうとしたのですが、肝臓検査の数値の見方が分からない!



取りあえず、肝臓検査の数値で重要と言われてる、ALT値とAST値の意味と見方、あと正常値に戻す方法を調べてみます。



肝臓検査のALT値とAST値、正常値に戻せるんなら戻したい。肝臓は一度壊れたら戻せないって言いますしね。



なので、真面目に取り組むことにします。 続きを読む

スマホ老眼は老眼ではない。目の調節機能障害だから改善も治療も可。

f:id:tinyoko8:20170217014625j:plain

スマホ老眼という症状をご存知ですか?

最近、スマホから目を離した途端、視界がボヤけます。

病気なのかなと心配になって、知り合いの目医者に診てもらったら

「スマホ老眼かもね~」と聞いたことない病名を言われました(汗


何それ?この歳で老眼??

え?もう、目はずっとこのままなん!?


めっちゃ不安になって、その目医者を捕まえて

色々聞いてみたら、本当の老眼とは違うとのことでした。

しかも、スマホ老眼は行動改善で割と治るそうで。

 

せっかくなので、その目医者に聞いた事をまとめてみました。

同じように、スマホから目を離すと目が霞んだりボヤケたりする人の参考になればと思います。 ====



1.スマホ老眼と、本当の老眼の違い

スマホ老眼は、スマホの使いすぎが原因の目のトラブルとのこと。

「老眼」という呼び名が誤解を招いてますが、

歳をとって懸かる、いわゆる「老眼」とは違うそうです。

スマホ老眼は、目の調節機能障害の一つになります。



スマホ老眼と加齢による老眼の決定的な違いは

治るか、治らないかなんだそうです。

加齢起因の老眼は、目の水晶体が硬くなることで始まりますが

水晶体は硬くなると二度と戻らないので、治らないワケです。


対して、スマホ老眼は目の調節機能の一時的な不具合になって、

元に戻すことは十分に可能だそうで、自分も今は完治しています。


2.スマホの見すぎが原因とは言うけど、具体的には?

スマホ老眼を簡単に説明すると、

目のピントを合わせる毛様体筋の使い過ぎで、

視力調節が正常に機能しない状態なんだそうです。



近くの物を見るとき、人の目は毛様体筋を緊張させることで

水晶体を厚くしてピントを合わせにいきます。



スマホ老眼は、2時間とか3時間とか

長時間ずっと画面を見続ける人に多いそうで

何時間も毛様体筋を緊張させっ放しなんですね。



そうすると何が起きるかと言うと、

目をスマホの画面から離しても、

緊張させっ放しの毛様体筋は、

直ぐには反応できなくなるんだそうです。



同じ体勢でずっといると、体が固まって動けないのと

同じ現象が目でも起きてると思えば、わかり易いかと思います。



スマホから目を離して別のところを見ようとしても

視界がボヤケたままで、ピントが中々合ってくれないのは

これが原因なんですね。



それでも、普通は、何秒かしたらピントが合うのですが

毎日、何時間も連続でスマホの画面を見続けてたりすると

毛様体筋に緊張した部分が残ったままになってしまうそうです。


3.テレビ、パソコン、スマホ、一番目に悪いのはどれか

テレビ、パソコン、スマホのうち、一番目に影響のあるものはどれか、

目医者に聞いてみたら、まぁ予想通りでスマホでした。



理由は単純で、画面から目までの距離が一番近いから。

つまり、毛様体筋が一番緊張するから、が理由とのこと。



ブルーライトとか、画面の輝度とか、

目に影響を与える因子は他にも幾つか有りはします。

けど、距離ほど目に影響を与える因子はないそうです。



で、2番目がパソコンで、3番目がTVだそうです。

飽くまで一般論ですが、最近のTVは画面の大型化が進んでるので

昔よりも距離をとって見る人が多いというのが理由になります。


4.スマホ老眼になりやすい人check

病院でスマホ老眼と診断した人に多い特徴は

だいたい下のどれかに該当するそうです。

飽くまで一般論ですが、結構当てはまるかも。



①スマホゲームに夢中で寝不足。翌日に支障が出た経験がある

②スマホを家に忘れたら、遅刻をしてでも自宅に取りに戻る

③職場や学校などで、ちょっと離席するときでも、スマホを持ち歩かないと気が済まない

④食事中も、テーブルにスマホを置いて見ている

⑤電車では乗ってから降りるまで、ずっとスマホを操作してる

⑥電車スマホ、歩きスマホ、寝転がってスマホ、毎日全部やってる。。



5.スマホ老眼を改善する方法

5.1.スマホ画面は目から離して見る

最低でも20cmは離して見る様にします。

「そんなに離すと、何も見えない!」と言う人はヤバイですね。。

メガネやコンタクトしてそれだと、若年性老眼の気があるかも知れません。

本当の老眼の方です。治らないやつだそうです。気をつけて下さい。



とにかく、目に近ければ近いほど、

目にダメージが来るのは間違いないそう。



あと、スマホを見る角度も重要なんだそうです。

一番負担が少ないと言われてる角度は、約30度下だそうで、

目が少し下を向くくらいの角度が最適になります。



また、目を少し下向きにすることで、

涙の蒸発量が抑えられて乾燥対策になるんだとか。


5.2.画面の輝度は程ほどに

距離の次に目にダメージがくるのが輝度なんだそうです。

スマホ画面の明るさ、どれくらいにしてますか?

コントラストが強くて、パキっとした色合いが好きな人は

輝度をマックスに設定する人が多いです。



だいたい、スマホゲーム愛好者に多いそうですが、

相当目に負担がきます。

あと、暗い場所でスマホ画面を見るのも、

目のダメージになるそうです。



背景の暗さと、スマホ画面の明るさの差がありすぎて、

目の負担が上がるワケですね。



夜、電気消して布団に入ったあと

つい、ゲームやLINEしたりしがちですが、

まぁ、止めたほうが良いのは言うまでもないですね。


5.3.目を瞑る

5分間目を閉じるだけで目が休まります。

スマホ老眼は、目のピント調節をやる毛様体筋の酷使でなるワケですが

目を閉じた状態は、この毛様体筋が一番リラックスする状態なんだそう。



5分目を閉じるというのは、意識すると長く感じますが

通勤、通学の電車の中、お風呂に入ってるときにやると

結構あっという間に時間が経つものです。


5.4.眼科の先生は、ホットパックを薦めてきた

眼科の先生にお勧めされたのは、入浴中に

暖かくしたタオルによるホットパックでした。



血行が良くなって、筋肉がより弛緩するので

毛様体筋を解すのにもってこいなんだそうです。



それと、マイボーム腺の分泌が促進されて

目に効くんだとか。



マイボーム腺というのは、

まつ毛の生え際に沿っている分泌腺のことです。

涙の成分に脂を加えて油膜をつくり

涙の蒸発を防ぐ機能があるそうです。



入浴中のホットパックを1週間も続ければ

大抵のスマホ老眼は改善してしまうそうです。

ローコストで効果絶大なので、絶対おすすめです。

やってみてください。



他には、目ぐリズムを薦められましたが、

あれ結構なコストなので

個人的には、今の季節ならホッカイロ。



あと、絞ったタオルやガーゼを30秒~1分ほど電子レンジでチンして

目に乗せるのも、実際にやってみましたが

低コストで効果大なのでお薦めです。


5.5.目玉マッサージは絶対NG!

「目玉マッサージすると気持ちいいんだけど」と耳にして

ちょっと呆然としたのですが、やってる人いますか?

あれ、目医者さん曰く、本気でNGだそうですよ。



目を押すと、眼圧が急激に上がります。

眼圧の上昇って、緑内障の切欠ってご存知ですか?



一過性なら、そんなに影響はないかも知れませんが

目玉を押すのを結構な頻度でやってると、ヤバイそうです。

やらないで下さいね。



目玉じゃなくて、目のツボをマッサージして下さい。


6.まとめ

  • スマホ老眼は、加齢の老眼とは別物
  • スマホ老眼は目の酷使が原因
  • 入浴中のホットパックを1週間やれば、スマホ老眼は解消される

 

自分もスマホ老眼かもと思ったら、

取り敢えずお風呂でホットパックやってみましょう。



気持ちいいし、本当に目の疲れがとれます。

頭もスッキリして爽快です。



お薦めなので、試してみてください。


7.参考記事

老眼予防に効果のあるお茶を5種類紹介します
老眼予防に効果のあるお茶、5種類!



糖化という現象に老眼の原因があるとされてます
糖化の原因を知れば、老眼や白内障の改善方法が見えてくる



直ぐできる老眼チェック、トレーニングです
1分でできる老眼チェックと、3種の老眼回復トレーニング

低い平熱は、不健康な証拠!健康な平熱は37度。

f:id:tinyoko8:20170213003515j:plain

1.平熱って、何度か知っていますか?

体温は健康状態を知るうえで、重要な指標の1つなんだそうです。

病院に行くかどうかを、熱が高いかどうかで判断しますよね。

だいたいの人は、微熱なら市販薬で済ませるのが、ほとんどかと思います。

で、ここで質問です。

あなたの微熱って何度ですか?

あなたの大切な人(家族、恋人)の微熱って何度か知ってますか?

なんも考えなしに「37度くらいじゃね?」と答えたら、アウトみたい、、。

最悪、大切な人が死に至る場合があるかもって言われちゃいました。。

続きを読む

老眼予防に効果のあるお茶、5種類!

f:id:tinyoko8:20170211233754j:plain

1.老眼予防に効果のあるお茶、5種類!

老眼の予防効果を期待できるお茶をご存知でしょうか。

お茶によっては、目を元気にして、老化を防いでくれる成分が入っています。

老眼予防や目の疲れ、視力低下の回復に効果のあるお茶は、市場にたくさんあります。

その中でも効果の高い目に効くお茶を5種類選んでみました。

効果はもちろん、味もバツグンなので試してみると良いかもです。 ====



1.1.アイブライト

アイブライトと言う、ヨーロッパのお茶です。

日本では、コゴメ草と呼ばれるハーブを原料として作られてるお茶になります。

さわやかでクセのない風味です。


ヨーロッパでは「目に効く薬」として、古くから使われているハーブです。

古代ギリシアでは目の感染症の薬として、使われていた記録が残ってるそうです。


アイブライトの成分は、アウクビンやケセルチンなどで

これらには、炎症を抑える作用があります

なので、目の充血の改善、ものもらい、結膜炎といった、目の炎症にアイブライトは効果があります。

さらに、疲れ目解消にも効果があります。


なので、老眼の予防以外で、パソコンやスマホで目が疲れやすい人にもアイブライトはお勧めです。


1.2.ジャーマンカモミール

カモミールティーは、良く知られてるハーブティーです。

安眠やリラックスを促す効果は広く知られています。

けれど、目の健康にも効果があることは余り知られてないようです。

最近、老眼予防に効果があることが発見されました。

それは、糖化を防ぐ効果です。


ジャーマンカモミールには2つの成分が含まれてます。

1つは、カマアズレンと言って、抗炎症作用があります。

もう1つは、カマメロサイドと言って抗糖化作用があります。

この2つの成分の働きが体の糖化を防いでくれて、ひいては老眼予防に繋がるワケです。

老眼以外では、ジャーマンカモミールは白内障の予防にも効果があると言われており研究が進められています。

このように、ジャーマンカモミールのお茶は目の衰えを予防してくれるハーブティーです。


1.3.緑茶

緑茶が身体に良いと言われてる一番の理由は、緑茶の苦味成分であるカテキンに有ります。

緑茶のカテキンは、ポリフェノールの一種です。

ブルーベリーのアントシアニンやアスタキサンチンと同様に強い抗酸化作用を持っています。

アントシアニンやアスタキサンチンはその強い抗酸化作用によって、目と目の周りの血流を促します。

そして、目の老化を防ぎ、眼精疲労を改善することができました。


緑茶のカテキンも同様に目の老化、つまり老眼を予防して疲れ目などの眼精疲労の治療にとても効果があります。

デスクワークや読書で目が疲れたらコーヒーを緑茶に変えてみて下さい。

2、3日では効果は出ませんが1か月も続けると、いつもより目の疲れ具合が収まってるかと思います。

老眼予防は、目に良いことを習慣化して継続することで初めて効果が出ます。

継続しましょう。


1.4.メグスリノキ茶

目薬の木という植物の名前は、一度は聞いたことがあると思います。

メグスリノキ茶は、カエデ科の植物で木の樹皮や葉を就じたお茶です。

日本では、昔から目の特効薬として、洗眼薬として利用されてきました。

メグスリノキ茶が目に良いとされる理由はこの木に含まれるロドデンドリン(タンニンの一種)にあります。

ロドデンドリンは抗菌作用を持っていてます。

これが目の結膜炎、ものもらいに対して効果があるワケです。

特にものもらいに対する目薬の木の効果は個人差はあれど、中々侮れません。

また、血流を良くする作用もあり、老眼、かすみ目、眼精疲労にも効果があります。


1.5.菊花茶

菊花茶は、名前の通り菊の花を乾燥させたお茶です。

風味は爽やかで、ほんのり甘味があります。

菊花茶は中国のお茶で、古くから目の疲れに効くお茶として、中国全土で飲まれていたそうです。

菊花茶の成分で目に効果のある成分は2種類。

目の炎症を抑えるクサンテノンと、目を元気にするビタミンAの2つです。

もう、たっぷり含まれています。

老眼予防の効果は、他のお茶と比べて低いですが、眼精疲労には高い効果があります。

パソコンやスマホ等で目を酷使している人、老眼鏡などで目が疲れてる人には、菊花茶はお勧めのお茶です。


2.老眼と近視は全くの無関係

近視と老眼は無関係です。メガネ、レーシックとも無関係です。

老眼のなりやすさの原因は別のところにあります。


2.1.老眼と近視は、原因がそもそも異なる

近視だと老眼になりにくいという話があったりします。

でも、実際のところは老眼と近視には何の関係もありません。


老眼は、老化によって目のピント機能が低下して発症します。

近視は、年齢に関係ありません。

ピントが網膜の手前で合う事で発症します。

なので、近視になってる人でも老眼になり得ます。

なぜなら、老眼は目の老化現象だからです。

加齢にともなって誰にでも起こります。


近視の人でも、目のピント調節機能は確実に低下していきます。

分かりやすい例で言うと、近視用のメガネをかけている人が近くの字を読む時、メガネを取ってる姿見たことがありませんか?

これは、メガネで視力を矯正した状態だと、近くのモノが見えづらいからです。

これは紛れもなく老眼が始まってる証拠です。

もっと言えば近視、遠視、乱視、に関係なく年をとれば必ず老眼になります。

老眼になりにくい、なりやすいとは全くの無関係です。


2.2.近視だと老眼に気づきにくい

遠視や正視の人のほうが、近視の人よりも早くに老眼の症状を「自覚」するというだけの差なのです。

一般に「老眼」と呼ばれる老視は、歳と共にピント合わせをする力が弱くなり、近くが見にくくなることを言います。

近視の人の場合、メガネを外すとピント合わせをしなくても、もともと近くにピントが合っています。

なので、老眼でピント合わせが弱くなってもメガネをはずせば近くはよく見えてしまいます。

なので、老眼鏡が必要になるタイミングが遅く、近視の人は老視にならない!という誤解が生じたのです。


2.3.老眼になりにくい、なりやすいの正体

老眼になりにくい、なりやすいというのは、もっと別の要因によります。

それは、どれだけ「目を酷使」してきたか、どれだけ「乱れた生活習慣」を続けてきたか。

つまり、老眼になりにくい、なりやすいは、これまでの生活習慣によって決まると言われています。

これは、体のほかの部位の老化の原因とまったく同じですよね。

たとえば、糖尿病や高血圧、動脈硬化、脳疾患、心臓疾患等の生活習慣病やガンは加齢にともなってかかりやすくなります。

これらの発症にも、生活習慣が大きく影響していると言われています。


2.4.生活習慣病になりやすい生活は老眼にもなりやすい

老眼の進行に大きく関わっているものに、生活習慣があります。

  • 脂質や糖質中心。
  • 野菜や果物をあまり食べない偏食
  • 食事の時間が不規則
  • 運動をほとんどしない
  • 宵っ張りで、睡眠不足になりがち
  • 仕事等で、ストレスが多い


こうした生活を続けている人は、糖尿病や高血圧、メタボ、動脈硬化などになりやすいといえますが、同時に老眼も進みやすいのです。

そもそも、目は体の一部です。

体が老いれば、目も老いていきます。

しかも、目は体の老化が現れやすい場所です。

実際、眼疾患の患者の網膜を検査すると、その血管の様子から、動脈硬化や糖尿病の進み具合、血圧の状態などを知ることができます。


目が衰えていけば、体も衰えていく。

逆に、目の若さを保てれば、体の若さも保てるといえます。

そのためには、生活習慣を整えていくことが欠かせません。


目を含めた全身の老化のスピードを落としていくことが、健康の秘訣になってきます。


2.5.近視視で老眼になった場合、老眼鏡はこう選びます

近視というのは遠くの方が見え辛く、手元の方が綺麗に見える状態です。

対して、老眼は年を重ねることより、眼の機能が低下してしまうことが原因です。

近場にピントを調節するのが難しく、新聞や雑誌などの近距離で物が見えつらくなるといった病状が発生します。

なので、今までが近視の方が老眼を発症してしまうと、遠方、近距離の両方が見え辛くなります。

一般の人より見える範囲が狭まってしまうという欠点があります。
ですから、近視だった人が老眼を患った時、遠近の両方が見えるように遠視、近視のどちらにも使える老眼鏡を用意する必要がでてきます。

これが選び方のポイントです。


世間一般では近視の患者さんは老眼には中々発症し辛いという意見が多数ですが、実際はそうではありません。

そういった意見が多い原因て何かわかりますか?

それは、近視だと老眼になっても、近くが見えてしまう為に老眼になったと気づきにくいのが原因と言われてます。

近視だと手元がはっきり見えてしまう状態なので、近視でない人だと老眼になって近くが見えなくなると割とすぐに気づくんですけどね。

老眼にかかると、近視用の眼鏡を使って新聞や雑誌を読むと目に疲労感、あと違和感を感じてしまうことがあります。

そして、老眼鏡を外してから新聞や雑誌の小さな文字を見たとき眼に疲れや違和感がなく読めたとすると、それは老眼のサインです。

ただし、字は読めているので老眼鏡は必要でない状態です。

老眼がすでに始まってはいますが、老眼鏡はまだいらない状況です。

もし、近視用の眼鏡をかけてても、外しても以前より新聞や雑誌の小さな文字が読みづらいときは老眼が始まっているサインになるので注意が必要です。

これ以上、眼や脳への負担を増やさないようにする為、なるべく早く老眼鏡を作ることが大切です。


2.6.老眼鏡はレンズによって何種類かに分かれます

また、老眼鏡には近視と老眼に対応した遠近両用の商品がありますが、実は種類が2つ存在します。

1つは、レンズの中に遠視用の度数と近視用の度数が、2種類備わった二重焦点と呼ばれる老眼鏡。

もう1つは遠方から近距離まで段階的に度数を変えていく、累進多焦点レンズと呼ばれる老眼鏡があります。

この2種類の老眼鏡の共通点はどちらもレンズ上部に近視用の度数が備わっていて、遠方が見えるようになっています。

そして、レンズ下部には、老眼用の度数備わっていて、手元がちゃんと見えるようになっています。

各々の使い分けとしては、視線を上下に移動させて使います。

ちなみに、二重焦点の老眼鏡より累進多焦点レンズを使った老眼鏡が主流です。

二重焦点の老眼鏡は遠方も近距離もしっかり見ることが可能ですが、中間を見ることができません。

また、レンズの境界が割りとはっきりと認識できるので、第三者からも老眼鏡を使ってると知られたりします。

それと比べて、累進多焦点レンズを使った老眼鏡の場合は、まず、レンズの境目が無いので第三者から分かりません。

最大の利点は遠方、近距離に加えてその中間も見えるという点です。

なので、累進多焦点レンズの老眼鏡の方が使い勝手がよく、普通の眼鏡と同じように毎日の生活で使って入れるので現在の主流になっているわけです。


しかし、中には遠近両用の老眼鏡が目に合わない、慣れないといった個人差があります。

遠近両用の老眼鏡を使ってみて合わないなと感じたら、単焦点の老眼鏡を選ぶという手もあります。

そして、少し手間ではあるのですが、これまで使っていた近視用と新しく用意した老眼鏡を場面によって使い分ける方法になります。

また、少し特殊ですが近々両用の老眼鏡もあります。

これは、近視と老眼に対応する老眼鏡で遠方は見えません。

パソコン業務に従事してる人に使ってる人が多いです。

書類までの距離30㎝からパソコン画面までの50~60㎝、そしてさらに遠くの1m程までの距離にピントを調節できる老眼鏡です。

本や書類を見ながら、PC作業などの少し違う距離を見る場合に便利です。


他には、中近両用の老眼鏡もあります。

これは、手元から3m程の距離を見るのに便利です。

料理や掃除など室内で過ごす時に不便さを感じてる人に人気の老眼鏡になります。


このように、近視持ちで老眼を発症した人の老眼鏡の選び方として、その人によって不便さを感じている状況、環境が変わってきます。

どういった時に物をはっきり見たいかを明確にすることがポイントです。


そして、どの眼鏡屋さんを選ぶのかも大切なポイントで、世の中にはたくさんの店舗があります。

一番お勧めなのは、眼科が推薦してくれる店舗です。


そこで、どういった場合に物をちゃんと見たいかを、眼鏡店の店員さんにきちんと伝えるのがポイント。

遠近両用の老眼鏡は視線移動でコツがありますので、遠近の使い分けのポイント等を丁寧に教えてくれます。


2.7.老眼鏡で目をリラックスできる

近視の人に試してほしい方法があります。

それは、老眼鏡を利用した目のリラックス方法になります。

国内だけでなく、国外にも知られている、かなり有名な視力回復法の一つになります。

やり方はとても簡単で、老眼鏡を装着して10分間遠くを見続けるだけでOK。

過矯正メガネというメガネです。


それとは反対に、毛様態筋の緊張を解すことに焦点を当ててます。

眼軸の伸びも抑制可能で、近視の症状の悪化を防止する効果もある優れた手法になります。

老眼鏡を装着してから遠方を10分程度見る、これだけで瞳の疲労感が解消され、更に視力も回復するのでやらない手はないですよね。

普段、目を使いすぎて疲れ眼の人、眼精疲労からくる肩こり持ちの人にオススメです。


2.8.老眼鏡で視力を回復させるには

視力回復に使う老眼鏡は高価である必要はありません。

100円ショップで手に入る安いものでOKです。

老眼鏡の度数は、+2.0~+2.5ぐらいを選択します。

あまり強いと目が疲れるので注意が必要です。

目安は、老眼鏡を付けたとき、視界がボヤーっとする程度です。

そして、老眼鏡は必ず裸眼で装着してください。

コンタクトレンズを付けたままでは効果がありません。

そして、老眼鏡を掛けたまま遠方を10分ほど見続けます。

できれば、3m以上離れたところを目標にして下さい。

頻度としては、1日1回でOKです。

入浴後など血行が活発な状態で実施すると、より毛様態筋の緊張がほぐれ易くなるので、効果を強く感じることが可能になります。


注意するポイントは途中で老眼鏡を外さないこと。

視界がぼやけた状態で10分間見続けるので、慣れるまでは気持ちわるいかも知れませんが、途中でやめると効果がなくなるので、
頑張って掛け続けて下さい。


2.9.近視になりかけの人に老眼鏡視力回復方はよく効く

老眼鏡を使った視力回復方は、特に近視になりかけの人に効果的と言われてます。

実際い、仮性近視ぐらいの近視レベルなら、この方法を始めてから2週間ほどで、視力が戻ったケースもあるそうです。

なので、視力検査で近視と判定されても、がっかりせずに、この老眼鏡を使った方法で、視力回復を図ってください。

一度、近視用の眼鏡やコンタクトを使い始めると、ずるずると視力が悪化して、手遅れになっていまいます。

たったの100円でできるわけですから、だまされたと思って、まずは2週間頑張ってみませんか?

絶対、おすすめです。




3.参考

糖化の原因分析から、老眼の改善方法に言及した内容です
糖化の原因を知れば、老眼や白内障の改善方法が見えてくる




簡単な老眼チェックと老眼トレーニングはこちら
1分でできる老眼チェックと、3種の老眼回復トレーニング




ちなみに、スマホ老眼は一般的な老眼とは異なるそうです
スマホ老眼は老眼ではない。目の調節機能障害だから改善も治療も可。

糖化の原因を知れば、老眼や白内障の改善方法が見えてくる

f:id:tinyoko8:20170208015547j:plain
目の糖化現象ってご存知ですか?_

白内障や目の老化の原因に糖化が関係することが分かってきました。

糖化を抑制することで、眼疾患の予防に繋がる可能性があります。

====


1.老化の原因、「糖化」について

ヒトの身体の老化を進める要因に、糖化という現象があります。

目で糖化が起きると、老眼が進行したり、あと、白目が黄ばんできたりします。

もし、水晶体のタンパク質が糖化すれば、水晶体が濁ります。

これは白内障と呼ばれています。


糖化は、タンパク質が糖と結合して、性質が変わってしまう現象です。

ここ数年、糖化はアンチエイジング医療で研究が進んでいて、

酸化と同様に、老化の大きな要因としてとても注目されています。


2.糖化による対組織変質の具体例

先ず、食品で例を挙げます。

焼肉など、お肉を焼くと硬くなって色も茶色に変わりますよね。

これは、お肉のタンパク質が熱によって変性したからです。


砂糖水を煮詰めてみます。

次第に褐色になってキャラメル状になります。

これも糖化現象です。

こういった糖化現象が人間の体でも起こっているわけです。


その結果、何が起きるかというと、代表的なもので言うと肌への影響です。

皮膚のタンパク質が糖化すると弾力性が失われます。

これは、肌のシワ、たるみの原因になります。


目の糖化は前述した通りですが代表的なのが白内障です。

白内障は、水晶体の糖化が原因です。


他には、血管内のタンパク質が糖化すると、動脈硬化の発症を招きます。

動脈硬化の血管について、糖化が進行すると脳や心臓で重疾患が出る可能性があります。

骨粗しょう症も糖化が原因です。あれは、骨で糖化が起きています。

アルツハイマー型の認知症も糖化が原因。

脳細胞で糖化が起こった結果です。


3.老眼の根本原因は、目の糖化です

また、老眼は年をとると成ってしまうとしか知らず、本当の原因はあまり知られていません。

老眼は、水晶体が糖化して硬化することが直接原因ですが、根本原因は、紫外線、眼の疲れ、食生活の乱れにあります。

特に紫外線のダメージは深刻で、紫外線が特に強い夏から秋はサングラス等による目の紫外線対策は絶対です。


ところで、水晶体の糖化と言われて、あまりピンと来ない人も多いようです。

詳しく説明すると、水晶体の効化はAGEsと呼ばれるタンパク質と糖が加熱されてできた糖化物質が水晶体に蓄積することで発生します。

元々、水晶体には血管が存在しないので体に害を成す老廃物を排出することができません。

また、水晶体は細胞の入れ替わりも発生しません。

なので、一度AGEsが溜まり始めると後は容量をオーバーするのを待つのみになってしまいます。

これまでの研究によって、糖化を進行させてしまう原因として、紫外線、目の疲労、食生活の3点が特に影響が強いことが分かっています。


ここ数年でスマートフォンが爆発的に広がりました。

これにより、疲れ目を訴える人の数が確実に増加しています。

しかも、更に悪いことに、近年、夏の気温がどんどん上昇しています。

つまり紫外線の量も増えているということです。

紫外線による目のダメージは、甘く見てはいけません。

真夏の強い紫外線は瞳の奥深くまで入り込み水晶体に簡単に到達します。

水晶体に紫外線が届くことで、糖化が益々進行します。

とくに目が疲れていると、糖化が一層進むといわれています。

なので、真夏の目の紫外線対策と言うのは、高齢になっても目が見え続けるようにするための必須事項なのです。


4.目の糖化を防ぐには

では、どうすれば目の糖化を防ぐことが可能なのかということですが、残念ながら目という器官は必ず糖化してしまう器官なのです。

ですが、進行を遅らせることは可能です。

目の糖化対策として、次の3点がとても有効だと言われています。

1.サングラスを使った紫外線対策
2.30分毎の目の休憩を取り入れる
3.目に吸収されやすい栄養素を沢山摂取する。

特に、3番目の目に吸収されやすい栄養素ですが、これはアントシアニンと呼ばれる成分になります。


アントシアニンと言えば、TVショッピング等で有名なブルーベリー、ビルベリーが世間ではよく知られています。

ですが、糖化予防効果の強さに目をむけると、ベリー類より、圧倒的に紅紫菊のアントシアニンの方が効果が高く、吸収性、効き目の双方で実証されています。


5.糖化の影響が出るのは年を重ねてから

糖質は人間の生命活動において必要不可欠なものです。

生まれてからずっと糖質を摂り続けています。

なのに、若いときは糖化による身体の変質は表には出てきません。

老眼などは代表的な例でしょう。


なぜ、若いときは糖化の影響が出ないのでしょうか?

それは、人間の体には耐糖能と呼ばれる上昇した血糖値を正常に戻す能力が生まれつき備わっているからです。

加齢が進むと糖化が進むのはこの耐糖能が低下してしまう為です。

なので、年齢をある程度取ってから初めて目に見える形で糖化の影響が出てきます。

でも、目に見えたその時には手遅れのケースが多いです。

老眼や白内障は、発症してしまうと完治が非常に困難です。

日々の予防がとても重要になります。


6.糖化を予防する方法はあるの?

酸化と同様、糖化の進行を遅くして老眼を予防することは可能です。

それは、糖質を摂りすぎないように食生活を気をつけることです。

糖化が起きる原因は、体が処理しきれない糖質を体内に溜めこんでしまうからです。

糖質は身体の中でエネルギーに変換されますが、変換しきれない余った糖質は、たんぱく質と結合します。

そして、糖化が発生します。

なので、糖化予防の第一歩は糖質の摂りすぎを止めることになります。


糖質の摂り過ぎをストップさせる方法はご存じの通り、甘味、お酒を控える事です。

ご飯やパンなどの主食を減らしてしまうと、体のエネルギー源が確保できず、別の病気になってしいます。

あと、果物には強い抗酸化作用があるので、減らすのは逆にNGです。

むしろ、酸化防止のために、果物は積極的に食べて下さいね。

減らすべきは、スイーッや甘い清涼飲料水、あとお酒などの噌好品です。

毎日の量から1つ、2つ減らすだけでも効果があるので試してみて下さい。


7.糖化の予防には食べる順番も重要

身体や目の糖化を防ぐために、食べる順番に気を付けると良いです。

食べる順番に気を付けると血糖値の急激が上昇を抑える事ができます。

それは、糖化のスピードを遅くすることに繋がります。

血糖値は、血液中に含まれる糖質の量を示します。


血糖値は、食事や間食の後に上昇して、糖質が血液から全身に吸収されていくと徐々に低下していきます。

この血糖値は、食べる量や食物の種類で急上昇する場合があります。

血糖値の急上昇は、体内の糖質の量の急上昇を意味します。

そうなると、処理しきれいない糖質が体内に沢山発生します。


1回や2回の血糖値の急上昇であれば問題はありませんが、日々、血糖値の急上昇が続いてるなら、大量の糖質とタンパク質が結びついて当然、糖化のスピードは早くなります。


8.血糖値の急上昇は食事の仕方で改善できる!

血糖値の急上昇を抑える食事の仕方はとても簡単です。

まず、野菜など消化がゆっくり目の食べ物から先にたべていきます。

消化の早いもの、糖質を沢山含む炭水化物は、食事の最後の方で食べるようにします。

これだけで、体内の糖質の急上昇を防ぐことができます。

具体例で言うと、野菜、きのこ類、海藻類を1番目に、肉や魚、大豆製品、卵料理を2番目に、炭水化物食のご飯、パン、あとはイモ類は最後に。


あと、食後の散歩も血糖値を下げる効果があります。

歩く時間は5分から10分程度でOKです。

近くに公園などなければ、職場の階段の昇り降りでもOKです。

今日は糖質をたくさん食べたなと思ったら、食後には必ず散歩をしましょう。

それだけで、糖化を抑制できます。

老眼や白内障の予防にも繋がります。


9.糖化対策で目の老化を防ぐ

前述のとおり、糖化という現象を簡単に説明すると、血液中の糖分が体中のタンパク質と反応して、本来のタンパク質の機能を低下、消失させてしまう症状です。

これが目で起きると白内障になってしまいます。

つまり、水晶体はタンパク質でできているので、目の水晶体で糖化が起きると、本来は透明であるはずの水晶体がだんだん白く濁っていきます。

そして、完全に濁ってしまうと最後には失明していまいます。

こうなると、水晶体を人工レンズに換える手術が必要になります。

これまでの説明のとおり、水晶体では細胞の入れ替えが起きません。

つまり、新陳代謝による細胞の生まれ変わりが発生しないのです。

目が糖化で濁ってしまうと二度と戻らないと言われるのは、この細胞の生まれ変わりが水晶体では起きないことにあります。

そして、糖化の影響は水晶体に留まりません。


糖化は血管壁を脆くさせる性質があります。

これが酷くなった場合の有名な症状が動脈硬化です。

そして、目の場合、特に眼底の血管は極細でとても弱いです。

血管壁が脆くなると網膜や黄班に悪影響が出てきます。


血管の糖化の進行を可能な限り遅らせる手立てとしては、糖化は血中の糖度、つまり血糖値が高いほど発症するので、血糖値を上げないようにすることが肝心です。

ここで重要になってくるのが食事の仕方です。

一時期、低GIダイエットという方法が流行しました。

これを利用します。

この低GIダイエットは血糖値が上がりにくい食物を食べることで、肥満を防ぐことに焦点を当てています。

血管の糖化防止に、これと全く同じ方法を適用することができます。

すなわち、血糖値を急上昇させるご飯やパンなどの炭水化物を摂る前に、炭水化物の吸収をゆっくりにしてくれる食物繊維を食べるのです。

そうすれば、血糖値の急上昇による糖化は防ぐことが可能です。

それと、清涼飲料水にも注意が必要です。

清涼飲料水は吸収が良いので、血糖値が上がりやすいです。

水分補給は、できればお茶、水が望ましいです。


10.酸化対策で目の老化を防止する

ここまで、糖化による目の老化現象について説明してきました。

そして、糖化を防ぐことで目の老化、ひいては老眼を予防することを説明しました。

ですが、有効な手立てがもう1つあります。

それは、酸化を防ぐという方法です。

実は、老化予防というと、酸化を防ぐのが主流だったりします。

アンチエイジングという言葉を聞いたことありませんか?

あれは、体の酸化を防いで老化予防に繋げるという方法です。

老化には、大きく2つの要因があります。

酸化と糖化です。

酸化はサビつき、糖化はコゲつきをイメージすると、理解しやすいのではないでしょうか。

それで、酸化を防ぐ方法ですが、そもそも、体の酸化というのは呼吸によって酸素を消費することで発生する活性酸素が原因で発生します。

つまり、生きる上で酸化は避けられないわけです。

なので、防ぐことより遅らせることに焦点をあてます。


活性酸素というのは、細胞の一つ一つを酸化させて錆び付かせてしまうほど強い力です。

元々人間の体には活性酸素を取り除く機能を備えていて、若いうちは、この機能で活性酸素を対外に排泄しています。

しかし加齢とともにこの能力が低下していって、体の酸化、目の酸化が進行していくわけです。

酸化対策として、一番有効なのが抗酸化物質を体内に摂取することです。

この抗酸化物質は、体内の活性酸素を除去してくれます。

抗酸化物質が含まれている成分のうち、とくに大量に含まれているのがポリフェノールです。

具体的には、ブルーベリーの紫色素のアントシアニン、ブドウ皮に含まれるレスベラトール、緑黄色野菜のルテインが有名です。

特に、アントシアニンやルテインは、眼精疲労や紫外線目を防御する役目もあるので、老眼対策としてはとても有効な成分になります。



11.参考

老眼に効くお茶はこちら
老眼予防に効果のあるお茶、5種類!



簡単な老眼チェックと回復トレーニングについて紹介してます
1分でできる老眼チェックと、3種の老眼回復トレーニング




スマホ老眼は老眼と違います。
スマホ老眼は老眼ではない。目の調節機能障害だから改善も治療も可。

40才過ぎたらルテインで眼病予防!

f:id:tinyoko8:20170201011002j:plain
ルテインってご存知ですか?

40過ぎたら、目の病気予防のために、ルテインの日常的な摂取をお勧めします。

実際、ルテインを摂ることで、歳をとってから発病する目の病気の

緑内障や白内障、黄斑変性症が改善された実例が幾つも上がってます。 ====

1.ルテインが注目されるようになった事件

ルテインが最初に注目を浴びたのは米国です。

米国のハーバード大学の研究でルテインの成分を調べたところ

黄斑変性症の予防効果がある事が明らかになったのが切欠です。


1日6mgのルテインを摂取した人は、ルテインを摂取してない人と比べると

黄斑変性症になる割合が43%も低いという驚くべき結果が出たことで、

大騒ぎになったそうです。


ルテインで貰斑変性症を予防できる!ということが大学から報告されたとたん

米国ではルテインのサプリメントが爆発的に売れたそうですよ!


そして、これを機にあちこちの大学や研究機関で、ルテインに関する研究が盛んに行われるようになりました。

2.ルテインの魅力は非常に強い抗酸化カ

USDA(米国農務省)が、人間の血中におけるカロテノイドとその酸化物についての調査を公開してます。
カロテノイドは、活性酸素と反応することで身体の細胞が酸化するのを防いでくれます。

活性酸素と反応して酸化物となったカロテノイドは血液で運ばれていきます。

その血液中のカロテノイド酸化物を詳しく調べたところルテイン、ザアキサンチン、リコピンの3種類のカロテノイド酸化物が血中に一番多かったそうです。

この調査結果から、ルテインには非常に強い抗酸化力があることが分かりました。

3.加齢以外の、ルテイン低下要因って?

ルテインは、40代頃から減少の一途を辿ります。

そして、ルテインを補給しないでいると一般的には50代頃から加齢黄班変性に罹る確立が上がると言われています。

体内のルテインが減少する要因は加齢だけではありません。

生活習慣やストレスでもルテインが減少していきます。

例えば、平日の仕事はパソコンばっかり触っていて目の酷使度合いが酷い人。

本を暗いところで読んだり、何時間もスマホを見てたりして目の負担が大きい人は、目の酸化が進行してる可能性が高いです。

日常生活において、仕事や私生活で大きなストレスを受けてるなら、このストレスも目の酸化を悪化させてる可能性が高いです。


これが、加齢黄班変性、或いは白内障や緑内障になる、30代、40代の比較的若年層に増加している理由の1つです。

60代まではあと20年以上もあるし、未だならないと油断してると、ある日突然、目の不調が表れてくるかも知れません。

目の病気は、患ってしまうと日常生活に対しての影響が大きすぎるので、絶対に病気にならない!という気持ちでいる事が大事です。

でも、大抵の人は目が病気になって、昨日まで綺麗に見えていた景色が、急にちゃんと見れなくなってから初めて慌てだします。

それでは遅いのです。

加齢黄班変性、或いは白内障や緑内障は、一度かかると完治は非常に難しいです。

なので、普段のライフサイクルの中で、目の健康に気を配るようにしていきましょう。

ルテインサプリは本当に効果が高くて、手軽で経済的でおすすめです。

4.ルテインはカロテノイドの一種

ルテインとは、カロテンの仲間でカロテノイドと呼ばれる色素の一種です。

自然界に広く分布しており、野菜や果物に多く含まれます。

ルテイン本来の色は、黄色です。

トウモロコシやマリーゴールド、キンセンカの色になります。

カロテノイドの特徴は、黄色、赤、紫、オレンジ色など、鮮やかな色彩を持っていることです。

たとえば、ニンジン。

ニンジンのあの鮮やかなオレンジ色は、αーカロテン、βーカロテンの色です。

またトマトの赤色はリコピンと呼ばれるカロテノイドの色です。

そして、ルテインは黄色のカロテノイドです。

ホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

なので、毎日、緑黄色野菜を食べてる人は1日に必要なルテインを摂取できてると言えることになります。

5.ルテインがもつ黄斑変性症の予防効果

ルテインは、目の黄斑部と水晶体に存在します。

ルテインは、目のこの部分に待機して、目の細胞を酸化させる青色光を吸収し目の健康を維持しています。

つまり、ルテインは目のフィルター的な役割をしています。

なので、目の酸化による黄斑変性症が起きるということは、目の中のルテインの量が正常値を下回っている事を意味します。

ルテイン量がが正常であれば、黄斑変性症は起きません。


元々人間の身体には活性酸素を除去する機能があります。

若いうちは、この機能で活性酸素が抑えられています。

ですが、年をとると機能が低下してきて体内の活性酸素の量がどうしても増えます。

なので、50歳、60歳を超えてきたらルテインを意識的に摂取することが推奨されてます。

ルテイン不足による加齢黄斑変性症などの眼疾患を防ぐことができます。

ただ、緑黄色野菜を食べることでルテイン不足を解消しようとすると大量の野菜を食べる必要があります。

それは、現実的に考えて結構難しいです。

なので、米国ではルテインが必要なときはルテインのサプリメントを利用してます。

サプリメントだと、ルテインだけがギュっと濃縮されていて2、3粒飲むだけで、1日に必要なルテインを摂取可能です。

値段も1粒数十円なので、菜を食べるより経済的です。

6.ルテインは継続して摂ることが大切

ルテインは、ほうれん草やブロッコリー、人参などの緑黄色野菜に含まれている成分です。

元々、ルテインは人の身体の色々な臓器や器官に内在しています。

特に、皮膚や胸からお腹にかけての量が多いことが分かっていますが体内のルテインは加齢と共に、どんどん減少していきます。

さて、どうしてルテインが注目を浴びてるかと言うと、強力な抗酸化作用を保持している天然系色素の誘導体を大量に含んでいる事が理由にあります。

つまり、高いアンチエイジング効果があるという事です。

加えて、ルテインの性質の1つには、太陽の光、特に紫外線に強いという特徴を持っています。

人間の細胞は須らく紫外線からダメージを受けて脆くなっていきます。

それは目の血管や水晶体も同様です。

ルテインは、この紫外線によるダメージから身を守ってくれる防御機能を備えているわけです。

ただし、ルテインはサプリ等で摂取してもいずれは身体の外に出て行ってしまいます。

なので、ルテインを健康に役立てたいのであれば、継続して摂取し続けることがとても重要です。

そうすれば、ルテインは抗酸化作用によって細胞の老化を抑制してくれます。

そして、紫外線によるダメージを防いで、細胞の弱体化を予防してくれます。

具体的には、皮膚ならシワ、シミ、たるみの予防に繋がります。

目であれば、白内障、緑内障といった重篤な病状を防いでくれます。

7.ルテインの大量摂取は危険なの?

ルテインは人が生まれながらに瞳の中に持つ成分です。

なので、外からルテインを摂取することについては特に問題ありません。

目の中のルテインは加齢と共に徐々に減少していくので、寧ろサプリなどで積極的にルテインを摂るべきです。

ですが、いくらルテインが目の健康に良いとは言え、過剰な摂取は、やはり体にとって良くはありません。

成人の場合、ルテインの1日の摂取量はおよそ35mg程です。

これを超えて摂取しても、効果は殆どないと言われていて、且つ、体にもよくないので、注意してください。

それと、ルテインサプリを使ってみようかと考えてるのなら、ぜひ、天然ルテイン成分のサプリを選択してください。

中には、合成ルテインのサプリがありますが、天然ルテインに比べるとやはり質が落ちます。

また、その人の体質によっては、合成ルテインだと、胸やけなどの症状が出るケースもあるようです。

特に、喫煙の習慣がある場合は、ルテイン摂取により、発ガン率が上がると言われています。

なので、喫煙者は合成ルテインの摂取は特に避けたほうが良いと思います。

ちなみに、合成ルテインと天然ルテインとで、サプリの値段はほとんど変わりません。

1粒当たりの値段では、せいぜい8円程度の差です。

この8円を惜しんで合成ルテインを選ぶかどうかは、人それぞれですが、普通は天然ルテインを選択します。

天然ルテインを選んでおけば間違いはありません。

目や体に優しいですし、ちょっと過剰に摂っても問題ないです。

なので、できれば目により良い天然ルテインを選んでみてください。

8.ルテインの効果に即効性はあるの?

ここまで説明してきたルテインですが、即効性については余り研究報告がないようです。

眼科でルテインサプリを処方される場合、2週間~3週間は様子をみるようにお医者さんから言われます。

なので、即効性についてはルテインには、あまり期待はできないようです。

ですが、視力回復効果、白内障の改善効果については、実際に実例が数多く報告されています。

ルテインは、目の水晶体の濁りの解消、黄斑部の陰の改善などに効く栄養素です。

抗酸化作用により目の老化予防だけでなく、視力回復もしてくれます。

積極的に体に取り入れるようにして下さい。

ちなみに、ルテインはサプリメントで摂取するのがメジャーですが、普段の食生活でも摂取可能です。

食生活をしっかりと管理をして野菜を多く食べていると抗酸化作用が発揮されるので体の老化や病気などを防ぐことができます。

特に緑黄色野菜に含まれているビタミンBやビタミンAなどは抗酸化作用が強いです。

たくさんのビタミンやミネラルを同時に摂取できるような食事を毎日食べることも重要です。

ルテインはカロテノイドの一種です。

つまり、緑黄色野菜や果物に沢山含まれてる色素の一種です。

なので、普段の食生活においていつも以上に緑黄色野菜を食べるようにすれば、おのずとルテインを摂ることができます。

ただ、1日のルテインの摂取量は35mgとされてます。

これを緑黄色野菜だけで補給するとなると、結構な量を食べないと必要十分なルテインが摂れません。

なので、目の改善を目的としたルテイン補給を目指すなら、やはりサプリメントが効率的ということになります。

また、サプリメントならルテインの吸収を良くする他の成分も組み込まれてるので、効き目は益々上がります。

9.ルテインサプリが苦手なら

ルテインが視力回復、白内障の改善などに、効果があることは実証されていることはご説明の通りです。

ルテインというのは本当に目の健康にとって必要不可欠な成分なのです。

ルテインは人の体内に生まれたときから存在します。

特に目の中に多く存在しますが、外から補給しないと年をとるにつれて、どんどん減っていきます。

もし、最近、目がかすむ、視力が急に落ちたなど、目の不調を感じてるのなら、早いうちからルテインを自発的に補給したほうが良いです。

10.ルテインサプリはゼアキサンチン入りがお薦め

ルテインサプリメントには、ゼアキサンチンという栄養素が配合されてる製品が数多くあります。

ゼアキサンチンは、ルテインと同様に目の黄斑部に存在する成分として認知されてます。

このゼアキサンチンですが、アメリカで興味深い報告がされてます。

それは、ルテインとゼアキサンチンを一緒に補給することでルテインの視力回復効果や、白内障の改善効果が高まるという報告です。

興味深いですよね。

ルテインサプリにゼアキサンチンが含まれてるのはちゃんと意味があることだったんですね。

ちなみに、ゼアキサンチン入りのルテインサプリを選ぶなら天然成分のものを選んでください。

天然だと高いのではと思われる人も多いかと思います。

ですが、現在は、研究も進んで天然成分で高品質なルテインサプリでもお手ごろな値段で売られている製品が沢山あります。

なので、サプリを選ぶときは毎日続けるものなので、つい値段の安いほうを選びがちです。

しかし、そうではなくて、サプリメントの中身、質に気を配るようにしてください。

サプリメント選びのコツは、正にここにあります。

実際、一番高いサプリと一番安いサプリを比べたとき、値段を気にしたところで1粒当たりに換算すれば最大でも10円未満しか差はありません。

本気でルテインサプリで目を良くしたい、白内障、緑内障などの目の病気を治したいと考えているのであれば、天然で高品質のルテインサプリ(ゼアキサンチン入り)を選ぶようにして下さい。